ボードゲーム・カードゲーム

ボードゲーム必勝法!戦略・戦法まとめ【将棋・オセロ・ダイヤモンドゲーム】

2017/01/13

 

どうも。子供の頃よく父親と将棋をやっていた穴熊好きの管理人です。紅葉葉 秀秀逸という、ドン引きするような名前を名乗っています。

それはさておき、このブログのゲストライター三文享楽くんはボードゲームがなかなかに好きです。その結果、ボードゲームの戦法に関する記事を色々と書いてくれています。

 

せっかくやるならやっぱり勝ちたいですよね。ボードゲーム。

というわけで、ボードゲームの戦法戦略に関する記事をまとめました! 上級者向けではないものも多いですが、特に初心者・中級者の方は、見てみると新たな発見があると思いますよ。

 

スポンサーリンク

ボードゲーム戦法まとめ【将棋・オセロ・ダイヤモンドゲーム】

まだまだ数は少ないですが、これからも増やしていきたいと思います。やっぱりどんなゲームでも勝ちたいものですから。

 

将棋戦法① つばめ返し、右四間かW銀、居飛車穴熊

IMG_1236

将棋戦法講座|つばめ返し、右四間かW銀、居飛車穴熊!居飛車党1級レベルの方向け【三文】

しょっぱなから私が好きな穴熊に関する戦法です! ただ、私は居飛車はしないので、これは新鮮です。

「つばめ返しという戦法は知らないが、この状況で駒得を判断した将棋をさせる方」に有効な手筋なのです。(逆に言うと、つばめ返し対策を知っている格上の相手、つばめ返しも知らないし5五角も見えない格下の相手には通用しません。)

こんな感じの戦法の紹介となっています。

先手番の場合に3手目で3六歩と3筋を突く

なるほど。将棋をやらない人にはよくわからないかも知れない、だけれどちょいとかじってる人には役に立つ。そんな記事です。

 

将棋戦法② 石田流、三間飛車急戦

IMG_1235

将棋戦法解説|石田流とは?三間飛車急戦のやり方と対処法【三文】

石田流とはなんなのか?

江戸時代中期の盲目の棋士、石田検校が生み出した将棋の戦法である。

升田幸三や鈴木大介といったプロたちが後に改良を重ねるほど、研究対象としても素晴らしい戦法、なのである。

このような解説から入り…

戦法としては、三間飛車に分類される。

 

そして、なにより急戦なのである。

居飛車党だろうと、振り飛車だろうと、多くは6七と角道を開ける。先手が6七と角道を開ければ、8四なり、5四なり、3四なり、各々が歩を突くであろう。もちろん、この段階では相手が急戦を狙っているとは想像もついていないのである。

 

そして、3手目で5筋まであがってきた歩を見て驚愕するのである。

「こいつ急戦を仕掛ける気だ…」

具体的な戦法の説明があります。

これを知らない人がやられるとなかなかにビビる程の速攻戦法なのです。これを実践するもよし、居飛車党の人などがこれを知ることで対策をするもよし。そんな記事です。

 

将棋戦法③ 升田式 石田流、三間飛車急戦の改良版

IMG_1379

升田式 石田流とは?三間飛車急戦の改良版【三文】

一つ上の石田流の記事を見てから読むのがお勧めです。石田流に更なる改良を加えた戦法なのですから。

前回、石田流の特徴として、7六歩から、相手がどう来ようと、7五歩、7八飛、6八金で守って、7四歩、みたいな話をしました。

率直に言うと、升田式 石田流は6八金をやらないのです。

思想としては、

「大駒は離して打つべし」的な将棋の格言もありますが、そんな格言なんて関係なしに、ボカボカ激戦を繰り広げて、ちょっとくらいの駒損なんか関係なしに戦うわけです。

こんな感じです。とにかく速攻・急戦を仕掛ける…そんな戦法なわけです。

 

 

オセロ必勝法・戦略

初心者脱却!オセロ必勝法&戦略を知ろう!解説まとめ

オセロと言えばこの画像のように気楽に楽しむ感じもありますが…その奥はかなり深いです。必勝法を語るというよりはまとめ記事です。語るには私はまだ早いと思いました。

まず、初心者が犯しがちな間違いは

・最初から多くの石を取る ×間違い
・序盤はボックス部分(中央の4×4)から、はみ出ない方が良い ×間違い
・外辺には先に着手しない方が良い ×間違い
・隅(角)を取れば勝てる ×間違い

出典:オセロ/リバーシ必勝法|目指そう!物知り博士

これです。

そして、様々な難しい用語が存在します。その紹介をしつつ、必勝法の解説と、解説するサイトの紹介をしています。

オセロ用語

  • 爆弾
  • 確定石(四隅などの絶対にひっくり返されない石のこと)
  • 奇数理論
  • ストナーズトラップ(ストナーとは、隅と引き換えにもう一個の隅を取りにいく事)
  • 開放度理論
  • 偶数理論

数学かよ、という感じですね。

開放度理論だけここで軽く解説しておきましょう。あまりにも名前が難しそうなので。

「開放度理論」とは、開放度の低い石を返す手=好手と考える理論です。ちなみに開放度とは、返そうとしている石に隣接する空きマスの数のことをいいます。開放度が低い石=「他の石に囲まれている内側の石」を指します。

出典:元世界チャンピオンが教える!超戦略的オセロ必勝法|nanapi

こういうことです。周りが空いてない石を取りに行け!ということです。

というわけで、オセロを深く知りたい方は「初心者脱却!オセロ必勝法&戦略を知ろう!解説まとめ」の記事をどうぞ。

 

 

ダイヤモンドゲーム戦法

ダイヤモンドゲーム5

再流行!? ダイヤモンドゲーム勝利の方法【三文】

ダイヤモンドゲームの戦略・戦法なんて世の中を探してもそうそう見つかりませんね。しかし、このブログにはそれを書いた記事が存在します。

気楽に楽しむゲームだとは思いますが、ちょっと意識すると勝率が上がるよ、というくらいですが、読んでみるとなかなか参考になります。

王駒で意識すること

王駒は向こう岸の陣地まで1発で飛べるタイミングが、いつか来ます。

それまで確固たる意志をもって待ちましょう。

子駒で意識すること

少なくとも5手目までは、自分自身のルート公式を作っておく。

極力、飛べるルートは再利用します。

このような感じで解説されています。友達と遊ぶときに意識してみると面白いかと思います。

 

 

まとめ

世の中にはボードゲームはまだまだ溢れています。オセロやら囲碁やら…その辺も追加できたらいいものですね。

以上、三文享楽と大富豪をやると9割5分以上負けてしまう、紅葉葉でした。

ーおしまいー

その他、将棋のお話もろもろ

Pz-LinkCard: URLの指定が誤っています Pz-LinkCard: URLの指定が誤っています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!しよう

新着記事を呆然と配信中

呆然としたい人はTwitterで回転オトエフミを…

↓ついでに回転オトエフミ制作の…

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ●紅葉葉 秀秀逸
 ブログ管理人。90分の自主映画を作り、音楽も全編作曲する程の創作好きです。
 趣味:筆記体を投げ倒す、座右の銘:「ラー油の上」、年齢:鳥


        

真面目なプロフィール・お問い合わせ

ぶっとびアクション映画『抜本-BAPPON-』公開中

【当ブログ制作の”本で戦う”新感覚アクションムービー公開中】
少子化で滅亡の危機に瀕した日本を、本で戦い本で救う、爽快バカアクション!
本編はこちら

-ボードゲーム・カードゲーム
-


おすすめ記事

1
荒れた胃腸に七草粥!春の七草の効能とは?[夏・秋の七草特集付き]

飲み会が重なり、アルコールハラスメントも激増すると言われる12月の忘年会シーズン ...

2
お年玉の年齢別相場を知って節約しろ!もしくはケチを見抜け![独自結論]

貰う方はたくさんもらいたいお年玉。あげる方はぜんぜんあげたくないお年玉。 気付け ...

3
自主制作映画の作り方!役立つ記事総まとめ【素材サイト・編集ソフト・撮影秘話etc…】

上の画像は、”本で空を飛ぶヒーロー”の写真です。なんだそりゃ、と思うでしょう。は ...