sky-690293_1280

ドラクエ 音楽紹介

【ドラクエ屈指の名曲】全ての「おおぞらをとぶ」がここに!アレンジ・編曲まとめ

2016/10/18

 

先日ドラクエ30周年記念で開催されたドラゴンクエストライブスペクタクルツアーに行ってきました、ドラクエ好きが講じて作曲を始めたです。

金谷かほり氏やレイ・ウィンクラー氏の演出、オーディションで決定した勇者を始めとする役者の演技ももちろん去ることながら、やはりすぎやまこういち氏の音楽の力を感じずにはいられませんでしたね。

新しい形の演劇ということなのでミュージカルほど音楽が重要なわけでもないのですが、音楽のパワーが凄かったです。音楽がストーリーテラーになってましたね。

 

そんな中でも特に感動したのが…

 

おおぞらをとぶ

 

が流れる場面です。

演出もあっての感動ではありますが、もうラーミアの神々しさ(最初ちょっと可愛い感じでしたが)が曲とマッチし過ぎていてとんでもない空間でした。ファミコンのドット絵でも、PS2の3D(ドラクエ8)でも、そして現実世界でも非常に合う曲なんだなあ、と思いましたね。名曲です。

というわけで、数あるドラクエの名曲の中でも屈指の名曲である「おおぞらをとぶ」。名曲は多くの人に愛され、その結果色々なアレンジ版が勝手に生まれたりします。

スポンサーリンク

すぎやまこういちが生んだドラクエの名曲「おおぞらをとぶ」アレンジ・編曲まとめ

という想いがあり…

「おおぞらをとぶ」を愛する人たちが生み出した、新たなる「おおぞらをとぶ」をまとめてみたくなったのです。大げさに言ってますが、簡単に言うと「おおぞらをとぶ」のアレンジ曲動画をまとめたということです。

名曲はどうアレンジしても名曲なのでしょうか? それをこれらの動画を聴きながら感じてみるのも乙だと思います。おつ。

おおぞらをとぶ フルート四重奏ver

おおぞらをとぶのオーケストラ版はフルートのソロから始まります。その後、オーボエへと旋律が受け継がれ、二週目では大オーケストラによる合奏となるのですが、全編フルートでの演奏です。

曲の澄んだ雰囲気が強調されるアレンジです。元々ファミコン版は壮大に盛り上がったりはしないので、意外と雰囲気は変わりません。「切なくも美しい」これにつきます。

 

おおぞらをとぶ フルート六重奏ver

先ほどのは四重奏で、こちらは六重奏。こちらの方が少し音が分厚いわけです。

先ほどの編曲と比べて大きく印象に差はありませんが、フルートの綺麗な音色が響くアレンジです。少しか細い感じの演奏が逆にこの曲の切なさ、不安などに合っているような気もします。

 

おおぞらをとぶ リコーダー六重奏ver

フルートの次はリコーダー六重奏アレンジです。

フルートはオーケストラ的なイメージも強い楽器ですが、リコーダーはどちらかというとその単色的な響き、直線的で澄んだまっすぐな音色から、ファミコンと近いものを感じます。(かつてはオーケストラに使われていたこともあるのですが、大分昔の話です。)シンプルな響きがいいですよね。

ただ、このアレンジは結構重厚な編曲でした。

 

おおぞらをとぶ ピアノ&オーボエのデュエットver

今度は単一楽器ではなく、ピアノとオーボエのデュエット編曲です。

非常に短いですが、独特の良さがあります。オーボエはやっぱり抒情的で哀愁漂いますねえ。この曲は器楽曲でありながら歌うようななめらかなメロディーですが、オーボエがソロで吹くとそれが強調されます。そして、ちょっとオシャレです。

ピアノの優雅さが、オーボエの悲しさを引き立てます。哀しみを秘めながらも凛とした姿勢で別れるシーンのようです。私が勝手に思ってるだけですが。

 

おおぞらをとぶ オルゴールアレンジver

ここらでアレンジの王道。オルゴールさんの登場です。

オルゴールもファミコンやリコーダー同様にシンプルで真っすぐな音色ですよね。オルゴールは綺麗だけど、徐々にゆっくりになって最後は止まる…というところが悲しいですよね。「切なくも美しい」ですね。

関係ないですが、オルゴールは音に抑揚が付けられないところが逆に「徐々にゆっくりになり、最後は止まるゼンマイ式の機械的悲しさ」とマッチして、オルゴールの良さに一役買ってると思います。

 

おおぞらをとぶ マリンバ合奏ver

はい、マイナー楽器の登場です。マリンバ知ってますか? マリバンではありません、マンドリンでもないです。最近たまにバラエティに登場するようになったあの楽器。となりのトトロのまっくろくろすけの辺りで活躍する楽器です。

簡単に言うと、巨大な木琴です。

一見民族的な楽器ですが、見た目に反してふくよかな音色、そしてこちらは真っすぐで済んだ音とはまた違う、素朴な響きが良いのです。

これはマリンバを三人で演奏するという、楽器の構造をうまく利用した面白いアレンジになっています。オルゴールのようなポンポンポンっという、淡々とした良さもありつつ、トレモロによって抑揚も大きく付けられるのが面白いところです。

これだけなんでこんなに長く書くかというと、私が昔マリンバを習っていたからなのでありました。マリンバ男と呼んでください。必ず。 逃さず。

マリンバに興味が沸いたら上の記事をどうぞ。

 

おおぞらをとぶ マンドリンver

マリンバです。…ではなく、マンドリンです。

こちらもまあまあマイナーな楽器ですね。ただ、マンドリン合奏というのは何故だか意外とYoutubeで見かけるので、マリンバよりは有名なんじゃないでしょうか? というか、マリンバがマンドリンとよく間違えられる時点でそうでしょう。

出だしは一瞬フルートかと思うような音色の幅を持っています。吟遊詩人が集まって合奏したような、不思議な盛り上がりがあります。ちょっと民族的な響きです。

 

おおぞらをとぶ チェロ四重奏ver

マイナーな楽器が二つ続いたので、ここらで有名楽器に登場してもらいます。チェロ四重奏です。

まあ、バイオリンとかトランペットに比べれば大分マイナーにはなっちゃうんでしょうけど、『耳をすませば』で出てくるし有名と言っていいでしょう。

テンポ早めで流れるように進行していく感じがちょっとオシャレ気味です。オーケストラのように大胆にわかりやすく盛り上がらないからこそ滲み出る渋さが良いですね。チェロは低音なので、低音ボイスのような渋さがあるのです。

 

おおぞらをとぶ ジャズアレンジver

今度は楽器がどうこうというよりは、曲調自体を変えるタイプのアレンジです。というわけで、おおぞらをとぶのジャズアレンジです

ジャズ系の人はプライド高めな人が多いのか、結構「こんなんジャズじゃねえ」という厳しい意見も出るものですが、ゆったりと聴くには素直に面白いと思います。

ジャズは素直にやらないものなので、おおぞらをとぶの「素朴で美しく力強いメロディー」を、敢えて癖のある捻ねたアレンジで演奏するのはギャップがあって楽しめます。この曲の良さの根源ってどこにあるんだろう?  とかいう視点で聴くと、こういう大胆な解釈のアレンジは面白いです。

 

おおぞらをとぶ オカリナアレンジver

次はオカリナです。オカリナとシンセサイザーですかね。

シンセの宇宙的な音色とオカリナの純粋で透明感のある音色がよく合っています。この雄大なメロディーはアレンジによっては宇宙的にもなるんですね。名曲は幅が広いです。潜在的な引き出しがパンパンに詰まってます。

癒されたい方にはこれがイチオシのアレンジです。

 

おおぞらをとぶ オリジナルピアノ編曲ver

忘れてはいけません。アレンジで一番多いのはピアノ編曲バージョンです。

ちなみに、公式に楽譜発売されているものとは違います。オリジナルの編曲で、よりダイナミックかつロマンチックなアレンジが成されていて、若干ショパン的な風味を感じます。抜粋版になっていて、全編は聴けないのが残念。

 

おおぞらをとぶ 歌ってみたver

最後は”歌”です。歌ってみたというと、ハイボイスで何かアイドル風アレンジだったりするのかな、となんとなく思って聞いてみたら、かなりクラシックな歌ってみたでした笑。

オペラとかミュージカルのような雰囲気です。イタリア語の古い歌詩とのことです。この記事のどこかでも「歌うようなメロディーだ」とか、歌みたいな要素があるというようなことを言いましたが、まさに歌にしてみても違和感が全くありません。

途中、なぜか雑踏のせわしない都会が映るのが謎ですが、忘れてはいけないものを忘れた現代人への訴えなのかも知れません。非常に良い歌でした。

 

おおぞらをとぶ 本家オーケストラver

おおぞらをとぶ
カテゴリ: サウンドトラック

最後の最後。視聴なので一部だけですが、本家ドラクエ、すぎやまこういちによるオーケストラアレンジ版のおおぞらをとぶです。

これには野暮なコメントは無用でしょう。アレンジを色々聴いた後にもう一度これを聴くと二度楽しめます。むしろ、二度どころではないです。延々とループさせたいくらいです。

 

まとめ

ここまでただひたすらに「おおぞらをとぶ」という曲のアレンジをまとめてきました。そしてそれらすべてを何回も聴いた私。この曲のよさを解明できたかと思いきや、より一層この曲の懐の深さ・広さを知るばかりでありました。

クラシックや長く歌われるJ-POPもですが、名曲は色んなアレンジ・編曲・カバーがされても、色んな良さが出てくるんですよね。特にこの「おおぞらをとぶ」はファミコン版ではたった”2音”しか同時に鳴らしていないというのがまた凄い。

とりあえず派手に金管楽器と打楽器鳴らして低音ドゥンドゥン言わせとけ、という最近の潮流への問題提起にも感じてしまうようなシンプルな強い音楽です。別にそんなのはないと思いますが。

すぎやまこういちに強い影響を受けながらも色々と作曲してきた私も、いつかこのようなシンプルで深く、広く、美しい曲を作りたいものだと改めて思いました。

もしそんな私の曲が気になった方は楽曲公開ページから是非どうぞ。


 

その他、この記事を読んだ方に読んで欲しいのはこんな記事です。

↓ドラクエの曲が好きならきっと聞き覚えのあるあのフレーズについての記事。

気付いた?ドラクエの切ない曲に頻出する「泣きのフレーズ」まとめ!すぎやまこういち分析

↓パクリとかではなくて、曲の源流を知るという、そういう趣でみて欲しい記事。

ドラクエの音楽に似てる曲をファンがまとめたよ【元ネタ・オマージュ】

↓ドラクエをひたすら熱く語る記事はこちら。

歴代ドラクエを最大熱量で名作ランキング付け!そして思い出補正へ…

スポンサーリンク

     スポンサーリンク

スポンサーリンク

     スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!しよう

新着記事を呆然と配信中

呆然としたい人はTwitterで回転オトエフミを…

↓ついでに回転オトエフミ制作の…

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ●紅葉葉 秀秀逸
 ブログ管理人。90分の自主映画を作り、音楽も全編作曲する程の創作好きです。
 趣味:筆記体を投げ倒す、座右の銘:「ラー油の上」、年齢:鳥


        

真面目なプロフィール・お問い合わせ

ぶっとびアクション映画『抜本-BAPPON-』公開中

【当ブログ制作の”本で戦う”新感覚アクションムービー公開中】
少子化で滅亡の危機に瀕した日本を、本で戦い本で救う、爽快バカアクション!
本編はこちら

-ドラクエ, 音楽紹介
-,


おすすめ記事

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 1
短文強烈堀井節!ドラクエシリーズの全名言を楽しめる「ただのしかばね」のような記事

  ドラクエを愛する人は世に数多く、ドラクエをまあまあ好きな人も数多い ...

img_2629 2
和幸!松乃屋!とんかつチェーン店の違いって?[ランキング付き・随時更新]【三文】

とんかつリミッターが外れている三文享楽です。   なんでか? それはこ ...

soup-672388_640 3
奥深すぎ!? コンソメとは一体…その由来の謎に迫る!【完成されしポタージュ】

  コンソメパンチ。   「ポテトチップはコンソメ味が美味し ...