プロフィール

カバー画像 ロゴ付き

「回転オトエフミ」
(旧名称「回転ブログ ~典型的な回転木馬ブログ~」)

お問い合わせ・ご依頼等

各コンテンツのトップページは以下の通りです。

スポンサーリンク

管理人プロフィール

large_1419832

どうも、このブログの管理人です。人の目に焼き付きそうな名前は何か? それを数か月考えた末に紅葉葉 秀秀逸(もみじば しゅうしゅういつ)などという、いかにも自分で気に入ってそうな名前になってしまいました。素晴らしい。

ペンネームは今後も変わる可能性を持ち続ける、アイデンティティ揺れ動く人です。

さて、ここではそんなアイデンティティ斜め坂な私の自己紹介をしようと思います。ここはなかなかに真面目な紹介なのでご安心ください。

まずは私の好きなものからご紹介。

 

何かをつくるのが好き

このプロフィールページに飛んで来てくださっている方は薄々気付いているかも知れませんが、私はとにかく作ることが好きです。物心ついた頃から、なんかしら作る系のことをしてました。

作曲、動画編集、小説、プログラミング、RPGツクール、漫画、絵、書道、その他工作・劇・お笑いetc…

こんな感じで創作系の趣味が色々あります。まあ、単なるお遊びレベルのものも多いですが、なんにせよ創作系全般が好きということです。なんか作ってないとやってられんくらいに創作が日常でもあります。単に暇なのかも知れません。

よく言えば多彩、悪く言えば創作かじり虫。そして私はラーメン人間

 

メインは…

そしてこれらの中でも、このブログでメインコンテンツとして扱っているのは以下の3つです。

(「小説」は主にゲストライターの三文享楽が書いています。)

このブログで公開してきた自主映画の歴史については、この記事の途中に書いています。

 

なぜ創作好きなのか

理由は色々あります。

「0を1にすることの面白さ」、そして「0からやれば自由になんでも表現できる」とか…その辺がつくることの醍醐味だと思います。

他にも

  • 「自分の作品で楽しんでもらいたい」
  • 「面白いアイディアがあるけど他の人はやらなそうだから自分でやってしまえ」
  • 「○○みたいなものを作りたい」
  • 「今までにないものを作りたい」

 

…などなど、もっともらしい理由は山ほどあるのですが、簡単に言えばこれに尽きます。

 

つくるのが楽しい

 

単純明快ですね。めんどくさい作業のようなこともたくさんありますが、そういうのも楽しいの一部です。たまに嫌にもなりますが、たまにです。

 

作曲は中学から、映像編集系は大学卒業後からですが、物心付くくらいから、ずっと何かしらを作ってきたように思います。そしてとうとう創作の一環としてブログも始めた…という感じです。

当初は完全なブログでしたが、途中からムービー公開音楽素材配布小説配信などを開始し、現在では「創作系のサイト」的な感じになってきています。

 

その他の好きなもの

創作以外ではドラクエ、そして目玉焼き、更には納豆ご飯が好き。食べ歩きもなかなかに好きで、グルメ記事も好き勝手に色々書いております。

特にドラクエに関しては、ドラクエの曲がきっかけで作曲を始めたくらいの存在感を私の人生の中で放っています。。昔はたまにドラクエの絵を書いたりもしてました。

IMG_2647

IMG_2648

結局創作系の話につながってしまいました。

ただ、完全インドア派かというとそうでもなく、スポーツもやってました。特に好きなのはマイナーなスポーツであるハンドボールですね。マイナーつながりで言うと、かつて「マリンバ」という楽器を習っていたのですが、こちらもやはりマイナーな存在です。

そして、ブログを色々読んでくれた人はこれまた薄々お気付きでしょうが、私はシュール・ナンセンス…というか、もはやシュールですらなく単に意味不明なくらいのネタが好きです。

このブログには随所にそんな感じのネタが散りばめられていますが、今後もやめる予定はないです。なはは。

 

ブログを始めた理由・目的

上記のように創作系の趣味が多い私ですが、2013年頃からは、自分には無理だと思っていた映画を趣味で作り始めました。苦労して作り上げたはいいものの、公開の場を設けるのもまた大変でした。

その後も色々と作り続けていく中で、ふと「作品公開の場をウェブ上に設けよう!」と思い立ったのがきっかけで、このブログを開設したというわけです。特に自主映画なんてものはせっかく苦労して撮っても、なかなか人に見てもらうのが難しいですからね。

作品公開だけでなく…

そして、せっかくなので作品公開をするだけではなく、同じく何かをつくろうとする人の役に立つような記事を書いていき「何かをつくる人、つくりたい人、つくり始めた人」がまず見るようなサイトになれれば良いな、と考えて運営中です。

比較的多分野に手を出しているので、プロ的な専門視点というよりは初心者への助けとなるようなサイトを目指しています。予算もノウハウも人手も頼る人もいないような創作人の役に立つように、今日も更新していきます。

ほか、単純に書くことは好きなので、自由に書きたいことも書いていきます。親やその先祖を辿ると、作家や国語教師、果ては水戸黄門の奥祐筆(書記的なイメージ)だったりしているので、どうやら文章にまつわる家系のようです。

 

 

私の自主映画の歴史

さて、私の創作活動のメインとなる映画制作(インディペンデントフィルム)に関してです。作品と共に変遷を辿っていきます。

①とにかく低予算勝負!『抜本-BAPPON-』

キャプチャ

↑『抜本-BAPPON-』のワンシーン。 本で戦うアクション映画。

私が最初に撮った自主映画は『抜本-BAPPON-』という長編アクション映画でした。しょっぱなから、いきなり90分のアクション映画を撮ったのでめちゃくちゃ苦労しました。

その際の制作記録も途中まで書いてるのでよかったらどうぞ。

とにかく、この時に私は「長編は大変だ」ということや、「ロケ地に困る」「役者集めが大変」「合成はめちゃくちゃ時間がかかる」「天気に恵まれるか当日までずっと不安」というようなことを学んだわけです。

なので、その後は短編をメインに撮ってきました。

 

②とにかく撮影をスムーズに『第三の決着』

キャプチャ

↑新しく購入したカメラGH3での初撮影でもありました。

『抜本-BAPPON-』における余りの大変さを反省し、ロケ地をほぼ一か所に絞り、ほぼアフレコでいけるという撮影に非常に優しい短編映画『第三の決着』を撮りました。

新たに購入したGH3というカメラでの初撮影も兼ねていました。この後は、映画とは別に自主制作CMやストップモーションムービーなどをちょこちょこ撮るようになります。

 

③衣装・小道具を少し本格的に!『怒れる一人の釣り人』

キャプチャ

↑比較的衣装・小道具をしっかりさせた作品。釣竿ももちろん本物。

次は衣装や小道具に少しこだわってみた『怒れる一人の釣り人』を撮影。

また、このとき始めてゲストライター三文享楽が監督を務めました。人の作品を編集するのもいい経験となりました。

 

④構図や色調にこだわる『百円玉を落とす苦虫男』

キャプチャ

↑構図・アスペクト比・色調・音楽だけで映画風にできるかに挑戦。

その後、あえて脚本やストーリーの中身はまったくなくし、構図・色調・アスペクト比・音楽だけで映画っぽくすることができるかの実験ムービーを制作。

 

⑤新たなソフトで合成練習!『なかよしあいこ』

キャプチャ

↑合成シーン。よく見るとじゃんけんをしているだけ。

『抜本-BAPPON-』以来、「合成が大変だ」と思い避けていたのですが、頑張って再び新たなソフトでの合成に挑戦し、『なかよしあいこ』という作品を撮りました。

この壮絶じゃんけんバトルなムービーで、新ソフトアフターエフェクトでの合成に少し慣れました。

 

⑥合成なし&超短編で何ができるかに挑戦!『リセットマン ~その効果が消えるまで~』

キャプチャ

↑ある小道具一つから発想し、即興で作ったムービー。楽しかった。

で、その次の作品では合成に疲れたために合成なしの短編即興ムービー『リセットマン ~その効果が消えるまで~』を撮りました。

これは合成もなく、短編だったので比較的楽でした。それでも結構時間がかかりましたが…。

 

そしてこれから…

そして、ここまで来て、遂に久しぶりに力作の自主映画を撮ろうと思い立ったところです。

しっかり脚本も書き、衣装・ロケ地にもこだわり、合成もある中編映画の予定です。

 

 

SNSアカウントなど

それぞれでブログ記事や作品公開をしています。気になったらフォローなどして頂けますと嬉しくてやる気とテンションが出ます。

SNSアカウント

  • Twitter(@kaiten_keima)
    →記事の更新通知のほか、気になる記事への言及がメイン。たまに日常つぶやき。
  • FaceBookページ
    →記事の更新通知のほか、自主映画撮影の裏側の写真やグルメ写真などをたまにアップしています。
  • Google+ページ
    →記事の更新通知がメインですが、最近あまりやっていません。

作品・コンテンツ配信

  • Youtubeアカウント
    →制作した自主映画やCM等のムービーを公開しています。
  • SoundCloud
    →作曲した楽曲を公開しています。
  • オーディオストック
    →音源や効果音の公開・販売をしています。
  • note
    →始めたばかり。記事や音楽、映像をこちらでも公開していく予定です。

 

スポンサーリンク

 

このサイトに関して

回転オトエフミ ロゴ

 

お次はこのサイト自体に関しての紹介です。

主に映像編集や音楽制作などの情報・作品をお届けする「創作の総合サイト」を目指して日々更新中なサイトです。その他、ラーメンなどのグルメ情報やシュール・ナンセンスな謎の文章劇などなど、好きなことを執筆しています。

回転オトエフミの変遷

当初は完全なブログでしたが、途中から自主映画等のムービー配信、フリー音楽素材の配信を開始し、さらに小説配信もすることとなったため、ブログというよりはサイト、ホームページ的な要素が強くなりました。

その頃にブログの名前を「回転オトエフミ」に改名し、なんとなく素材屋・作品配信をしてそうな雰囲気を醸し出すことにしました。

由来は音・絵・文からです。色々なジャンルの作品が円卓の上に並んでいて、ぐるぐると回して色々見られるようなイメージで、最初に「回転」という単語を付けました(と言いつつ、実際には回転ブログからいきなり名前が変わりすぎると混乱するので「回転オトエフミ」にしました)。

◆このサイトの歴史的なもの

  • 2015/5
    ⇒FC2でブログ運営開始(旧ブログ名「典型的な回転木馬ブログ」)。
  • 2015/7
    ⇒ブログをWordPressに移行。
  • 2015/11頃
    ⇒ムービー配信専用ぺージを開設。
  • 2016/1
    ⇒音楽素材・BGM素材の配信を開始。
  • 2016/2/20
    ⇒自主映画制作の主要メンバーだった「三文 享楽」がブログの準レギュラー的ポジションになる
  • 2016/2/21
    ⇒ブログ名を「回転オトエフミ」に改名。
    ブログに加え、音楽素材ムービー小説配信をしていく方針になる。

今後もどんどん作品公開・ブログ記事公開をしていき、大きなサイトにしていきます。

 

作品ギャラリー(一部)

演出の例 抜本-BAPPON-

最後に、制作した作品の一部を紹介します。

音楽は音楽素材・フリーBGMとして公開中です。動画はムービーページで公開しており、90分の自主映画から30秒の自主CMまで色々作っています。

音楽素材・作品

◆「のどかな牧場」

>>ダウンロードページ

◆「ドリアンモードのテーマ」

>>ダウンロードページ

◆「それでも拙者は征くのでござる」

>>ダウンロードページ

 

長編自主映画 『抜本-BAPPON-』関連

bappon

「アマチュア×少人数×低予算×壮大」でどこまでできるか、とにかく体当たりでぶつかった魂の力作自主映画です。

『抜本-BAPPON-』概要

ジャンル:ギャグアクション、社会派フィクション
上映時間:90分 2015年春完成

本で戦う正義のヒーロー!? 少子化に苦しむ日本を、"抜本的対策"で救え!

◆あらすじ

20XX年、日本は少子化による滅亡の分岐点に立たされていた。少子化から日本を救うべく、先祖から受け継がれた本『抜本的少子化対策』を手に、一人の男が立ち上がる。

本を武器にし、盾にし、日本の存亡を背負い、先祖の使命を背負い、男は戦う。道中で炸裂する覚醒能力バトルの中、それぞれの使命がうねりを上げる。立ちはだかる敵の目的はなんなのか、そしてこの本はなぜ書かれたのか。幾つもの謎を抱え、壮大な展開へと物語は動き出す。

ギャグとシリアスの境界を溶かし込む意欲作!!

◆関連記事

『抜本 -BAPPON-』【予告編】 その本は、男をヒーローにした。

ハリウッド映画の予告編を意識して制作しました。予告編の音楽も私が作曲したものを使用しています。

『抜本 -BAPPON-』 【5分で見られる抜粋編】

本編が90分と長いため、予告編以外にもこのような告知動画を作成しています。色々なシーンが中途半端に気になる場面で終わり、次のシーンに移る展開になっています。

『抜本 -BAPPON-』【本編】

90分と長いので、3分割になっています。

90分の大作アクション映画。アマチュアが低予算でどこまで壮大なものを作れるか…というゲリラ的な映画で、最も思い出深い作品です。

初期のシーンは正直粗い部分があるのですが、通しで最後まで見ると、怒涛の予想外展開と世界観、編集技術の向上、壮大なバトル!…に引き込まれるはずです。ギャグ設定が盛り上がりと共にシリアスに変化していく、その様が見どころ。映像の仕上がりの差すらも、長い旅の成長の印に思えるかも知れません。また、音楽もすべて作曲していますが、そちらも力作です。

更に、劇中に出てくる本は主演の三文 享楽が実際に出版した小説です。映画とは内容が微塵も関係ないですが、観終わった後にはきっと本を手に取ってみたくなるはずです。現実と映画を結ぶキーとなる小説が、『抜本的少子化対策』です。

 

短編自主映画・ショートムービー

気軽に観られる短編はこちら。

『第三の決着』 ヤクザ風の男と正義漢のすれ違いドラマ


2015/5/19公開

すれ違う二人、意図せぬ決着。15分の短編。アフレコメイン、ロケ地はほぼ一か所にする…という縛りの元に作成した小品。

『一人の怒れる釣り人』


2015/8/19公開

5分程度の日常短編もの。小説家の三文 享楽が監督の作品。監督兼主演の演技に注目。

 

自主制作CM

自主制作CMの動画です。

高須クリニックCMコンテスト応募動画「クライマックス編」


2015/11/23公開

高須クリニックCMコンテスト用に制作した動画。高須クリニックを映画化させたかのようなCM…というのがコンセプト。「YES! 高須クリニック」という音声もしくは文章を入れるのが応募規定だったため、その制約を逆手に取った作品。

『スマート本 PV編 』時代はスマートフォンじゃない


2015/07/03公開

自主制作映画『抜本-BAPPON-』でも使用した、『抜本的少子化対策』という小説を使ったCMシリーズ第一弾です。同じコンセプトでPV編とドラマ編を作成。こちらはPV編。

『スマート本 ドラマ編 』時代はスマートフォンじゃない


2015/9/24公開

同じコンセプトでPV編とドラマ編を作成した内の、こちらはドラマ編。ドラマというよりは、軽いストーリー展開があるCM…といった位置付け。

『出会いと別れの踏切』


2015/6/28公開

踏切でのお別れシーンのパロディをやりたくて作ったCM。意味不明な展開。

 

その他

単発ものや、練習として撮ったものなどです。

【コマ撮り】歩道橋を渡る抜本的少子化対策【ストップモーションムービー】


2015/07/02公開

CM撮影日に思い付きでやってみた作品。

 

 

プライバシー・ポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト等)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(個人を特定するような氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。

2016/10/30