小説連載中

ボードゲーム・カードゲーム 三文 享楽 雑学

名人戦?棋聖戦?将棋タイトル戦って何やねん【三文】

2016/12/20

YOU71_syougikaku_TP_V1[1]

♪吹ーけば~、飛ぶよーな 将棋~の駒に~♪

はい、村田英雄の名曲『王将』で登場しました三文です。このブログのゲストライター的な人間でございます。

 

以前、このブログの管理人くんが三文は競馬の記事なども書くと言って競馬記事を書きましたが、実は紹介してもらった記事に他にも書くと紹介してもらっていたのが、そう、将棋なわけです。

なんで将棋なのかと問われれば、そう私は高校時代に将棋愛好会に所属するほど、将棋が大好きな人間なわけです。いまだに地元の将棋大会があれば出場するくらいにプレイヤーとして将棋を愛好しております。

 

スポンサーリンク

将棋好きなら知っておきたい7大タイトル

本当の将棋好きなら、実戦だけで戦法も自発的に生み出すものだ。プロの将棋なんて知らなくてもいい、やって楽しむ趣味程度でいい。以前の私も含め、こう思って将棋を指されている方も多いと思います。

けれども、どうでしょう。

たとえば、職場で年配の上司に「お、将棋を指すのか。そうか、今度やろう。そういえば、最近棋聖戦が始まったけど、どっちが勝つかな」なんていう話題になったときに、将棋のタイトル戦を全く知らないとなると、本当に将棋好きなの?みたくなります。

もちろん、他人のためにやる将棋ではありませんが、将棋をプレーする者と自称するくらいならせめて7大タイトル戦くらいは知っておいた方がいいと思いますので、今回はそれを記事にいたします。

 

(実際のとこ、私は25歳までタイトル戦についてほとんど知らなかったので、何度も恥をかいておりました。その経験も踏まえての最低知識です)

 

将棋のタイトル戦まとめ

1~3月    棋王戦

2~3月    王将戦

4~6月    名人戦

6~7月    棋聖戦

7~9月    王位戦

9~10月   王座戦

10~12月  竜王戦

 

こんな感じなのです。

どんな競技にも遊戯にも、大会があればその時期というものがあるものですよね。

 

それぞれどんなタイトル戦?

棋王戦

1日制の5番勝負、持ち時間は各4時間です。将棋の棋戦には珍しい敗者復活制度があります。アマチュアも予選に出場できます。主催は共同通信社です。

 

王将戦

2日制の7番勝負、持ち時間は各8時間です。優勝賞金がタイトル戦の中でも安いです。主催はスポーツニッポン新聞社と毎日新聞社です。

 

名人戦

2日制の7番勝負、持ち時間は9時間です。名人という称号はもう江戸時代にはあり、将棋界では最も歴史があり権威のあるタイトル戦です。挑戦者はA級順位戦で成績を残していなければなりません。ちなみち、順位戦は対局料を決める指標ともなり、棋士にとってはプレッシャーがたいへんかかります。

 

棋聖戦

1日制の5番勝負、持ち時間は各4時間です。かつてはタイトル戦が年2回ありました。主催は産経新聞社です。

 

PAK160127285453_TP_V1[1]

 

王位戦

2日制の7番勝負、持ち時間は各8時間です。シード枠が少ないことなどから、若手が下剋上しやすいタイトル電です。

 

王座戦

1日制の5番勝負、持ち時間は各5時間です。あの羽生善治が19連覇していたことで有名です。

 

竜王戦

棋戦の中で優勝賞金や対局料がずば抜けて高いです。2日制の7番勝負、持ち時間は各8時間となっています。アマチュアも参加できます。ちなみに最近では渡辺明が連覇を続け、竜王と言えば渡辺明と言われるくらいに名を馳せています。

ちなみに竜王戦と名人戦のタイトルこそ、棋士なら欲しい格の高さを誇ります。

 

 どうも見る気が起きない

この記事を書いておいてなんですが、テレビでまで将棋を見たくないという方もいると思います。

前述しましたが、私も以前はそうでした。人の対局見ているなら早く自分も戦いたい、そんな感情です。私としては、そういう場合は見ることもないと思います。 やりたいように将棋を指して、どうしても勝てない壁を見つけ策を練ろうとおのずから考えた時、改めてプロの対局を見ると得られるものがある気がします。

 

 

その時まで、ただただ将棋の駒に賭けるのみ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね!しよう

新着記事を呆然と配信中

呆然としたい人はTwitterで回転オトエフミを…

↓ついでに回転オトエフミ制作の…

三文 享楽プロフィール

genimg ●ゲストライター:三文 享楽
小説の連載と、一部ブログ記事の執筆を担当。週1更新。 『抜本的少子化対策』の著者であり、自主映画『抜本-BAPPON-』の主演であり、元芸人。ぷー

紹介記事「三文享楽って誰?」

ぶっとびアクション映画『抜本-BAPPON-』公開中

【当ブログ制作の”本で戦う”新感覚アクションムービー公開中】
少子化で滅亡の危機に瀕した日本を、本で戦い本で救う、爽快バカアクション!
本編はこちら

-ボードゲーム・カードゲーム, 三文 享楽, 雑学
-


おすすめ記事

1
荒れた胃腸に七草粥!春の七草の効能とは?[夏・秋の七草特集付き]

飲み会が重なり、アルコールハラスメントも激増すると言われる12月の忘年会シーズン ...

2
お年玉の年齢別相場を知って節約しろ!もしくはケチを見抜け![独自結論]

貰う方はたくさんもらいたいお年玉。あげる方はぜんぜんあげたくないお年玉。 気付け ...

3
自主制作映画の作り方!役立つ記事総まとめ【素材サイト・編集ソフト・撮影秘話etc…】

上の画像は、”本で空を飛ぶヒーロー”の写真です。なんだそりゃ、と思うでしょう。は ...