グルメ情報


八起(やおき)

  2017/10/08up 

今度誰かと行きたい度→【3.5/5点】
営業時間 17:00~23:00
[日・祝] 16:00~22:00
定休日 木曜日
住所 東京都北区赤羽1-18-8
最寄り 赤羽



だいぶ赤羽っぽい居酒屋。

それぞれ300~450円くらいの単価。焼き鳥や、やきとん系は100円未満もある。イメージほどの激安というわけではないが、高くはない。

 

店の雰囲気

常連になる人も多そうな空気感。三連休初日に行ったからかも知れないが、ずっと満席に近い状態だった。

メニューのイラストは意外と海外チックな感じもある。

 

まぐろ中落ち

脂がのってるよ! と言っていた、まぐろ中落。

居酒屋で出てる割には確かに脂が乗りつつ、新鮮にも見える。

食べてみると、見た目よりもさっぱり。

おいしく、つまみにもよい。そして、たまねぎが口をさわやかにする。

 

やきとん 盛り合わせ

ちょっとあまり覚えてないのだが、とりあえず一番左はレバー。やきとん。豚である。

やきとんがこの店の推しだという情報もあるので、頼むとよいと思う。

意外と味は濃くないので、卓上の味噌を付けるとおいしく食べられる。肉自体もぷりっとしていたりして、うまい。(店員さんというか大将というかに、味噌を勧められた。)

この味噌は万能で、この店の特徴とも言えそうな存在。

 

チャーメン

この店の名物、チャーメン。おそらく名物。

なにせ、方々の客がチャーメンを頼みまくり、どんどん作られているのがわかったからだ。

目の前に積まれていくチャーメン。

実際、ハマるタイプの味でうまかった! また来ることがあれば、また頼むと思う。

由来はよくわからないが、炒めるのチャーだろう。メンはもやしを麺に見立ててるのか、ノリで付けたのかは不明。聞けばよかったか。

 

ニラが利いていて、程よくパンチのある味。だが、玉子が意外と優しい味にしてくれていて、パクパクと箸が進む。

そして、これにも味噌を勧められる。

…ただ、なんだかんだしばらく口の中にチャーメンが残るので、そこは頭に入れておくとよい。ニラではなくて味噌かも?

でも、うまいのでお勧め。

 

お茶漬け 鮭

〆は茶漬け。左にある、少し汚く見えるのは、味噌をつけたチャーメン。うまい。

で、茶漬けもうまい。まあ、普通の茶漬けのうまさではあるが、お茶が結構多いのが、スープ好きの私には嬉しい。

沈んだご飯をかきこんで、ごちそうさまといったところ。

 

まとめ

なんとなく、2軒目くらいに行くのがいいかな、と思ったが、赤羽に行くなら気にしてみるとよい店だと思う。チャーメン以外に、カブトというメニューも人気のようなので、行く方はぜひそちらもどうぞ。

ちなみに、これプラス酒一杯で、2468円だった。参考になれば。二人で行ったので、一人1234円。切りがいい数字。