小説連載中

お知らせ ブログ 三文 享楽

【知られざる秘密】三文享楽のブログスタイルとは

2017/10/03


こんにちは。

回転オトエフミの管理人です。

 

何度もこのブログを読んでくれている方じゃないとわからない話ではありますが、このブログのゲストライターである三文享楽くんが、12月まで一時的にブログを休憩することとなりました。

三文享楽目当てで来ている方がいるかも知れないので、お知らせすることにしました。

…という記事を、このブログをめちゃくちゃ読んでる方は見たことがあり、「あれ?」と思うかも知れませんが、その記事は幻です。そっと心にしまってください。

幻となったその記事は違う記事へと変化(へんげ)させます。

 

せっかくなので三文享楽のブログスタイルについて、知られざる秘密を書きます。


知られざる秘密とは

知られざる秘密というとどんなすごいことなのか? と思うかも知れませんが、まあ、おまけ情報程度に捉えてください。

 

三文享楽のブログスタイル

実は、三文享楽のブログスタイルはこうでした。

  • 月四回更新
  • 内訳は、1000字超えの記事一つ、3000字超えの記事一つ、6000字超えの記事一つ、小説(過去に書いたもの)一つ

もともとは2日に一回更新のスタイルだったのですが、去年のこれくらいの時期に、月四回へと変更になったのです。当時から読んでいて「気付いてたよ!」という人がいれば教えてほしいですが、どうでしょうか。いるのでしょうか。

ちなみに、そのころに書いていた記事がこちら。

 

この記事、当時の私は「これは今までこのブログにないタイプの記事! SNSで拡散されるかも」と思っていたのですが、そうはいきませんでした。ただ、このブログの中で1、2を争う赤裸々さなので、三文享楽ファンが増えてきたら、案外この記事は人気になるのでは…と思ったりもします。

月四回にした理由は、

  • 時間が足りない
  • 今のまま書いてもアクセスが増えない

という理由。

確かにアクセスは伸び悩んでいたので、この時の方針転換はまさに成功です。

 

当時の私は「毎日書く、むしろ一日に三記事書くやつもいる世界。毎日でもぬるい」くらいに思う熱中ぷりで実際にケツもぷりぷりでしたが、今思うと二日に一回は結構多いペースですね。

ちなみに、逆に少ない記事でアクセスを稼ぐ人もいます。ままはっくなんかがそうですね。

私も最近は趣味の映画編集を優先したり、ブログの見た目を整えたり、カスタマイズしたりもあるので、記事数は結構減っています。まあ、映画を広めるためにブログ始めた節があるので、結局どれもブログにつながるんですけどね。

これを書いた後は、シンゴジラを見て映画の合成の参考にしています。偉いわけではなく、そうしないと技術が足りていないからなのです。

 

月四回にした結果

で、話を戻します。

実際月四回にしてからどうなったかというと…

 

最初の頃は変わらずでしたが、途中からはグングン伸びました。

特に6000字超えの記事。成功だったというか、成功をもぎ取ったというべきか。

↓6000字超えの記事たち

 

チェーン店グルメ記事がほとんどですが、それは個性と言えます。「チェーン店グルメに詳しい人」というキャラ付けがあると、むしろブログでは強いと思います。

なので、途中までは私は「月四回でしかも一つは小説って、それでアクセス伸びるのか?」と不安にも思ってましたが、結果としては、むしろ6000字超えの記事のほとんどをヒット記事にしたのが逆にすごいな、となっています。

頻繁に書いてる他ブロガーと比べれば厳しい戦いですが、少数の記事を確実にヒットさせるのは素晴らしい技術なのは間違いないです。最終的には駄記事を大量に打つ人よりも、一つ一つが丁寧な人の方が何かをつかみ取ると思います。私自身も気を付けていますが、最近少しパワーが減ってきている感はあります。

月四回更新+追記

そして、しばらくして落ち着いた頃からは、過去記事の追記もしてもらうようになりました。少ない記事数でアクセスを伸ばすには追記が重要なのです。

むしろ、追記をしてから伸び始めた記事も多いですね。くら寿司記事はその典型です。

 

月四回更新+追記スタイルで、三文享楽はアクセスを伸ばすことに成功したわけです。

これは、ブログ運営をしていて伸び悩んでいる人にとっては大きな例となるでしょう。ブログのスタイルいかんでアクセスは何十倍にも変わるということです。

もともとが月間1000PVあったかどうかだと思いますが、今は月間3万PVを超えています。

最初はたくさん書いて慣れるのも大事ですが、それで伸びなければスタイルを変える。それもありなのです。

 

さて、そんな三文享楽の隠れたスタイル知ってた人はいますでしょうか?

知らなかった人は、今までの彼の記事をたどってみると、その通りになっていて面白いと思います。(追記しまくってる記事もあるので、6000字超えが続くこともありますが)

 

再び起きる問題

ただ、実は静かにこのスタイルが崩れた。それを知ってる方は少しはいると思います。

そう、9月は6000字記事がなかったのですね。

 

そこで心配になったあなた!

知られざる秘密をもとから知っていたあなた。

 

安心してください。

別にブログ引退したわけではありません。9月の6000字は色々重なって時間が足りなかっただけです。

10月にもちゃんと記事は公開されます。

 

たかがブログでも色々

というわけで、ちょいと延期となったので、このスタイルを知っている読者の方には申し訳ないですが、いない方は逆に「へえ、そうだったのか」と豆知識を得たような気になってもらえればプラスになるというものです。

ブログというとなめられがちですが、実際はなかなかやるのは大変だったりするので、書く頻度、量、ジャンル、複数人でやるならお互いが何をどうやって行くのかなど、いろいろあるので、これからブログを始めようという方や、始めたばかりの方は、自分のブログスタイルについて考えてみるといいと思います。

まあ、楽しいですけどね。

 

 

終わりに…

さて。

まだまだ全然大物感はないこの回転オトエフミですが、一応曲がりなりにも月間18万PVのブログ

頻繁に読んでくれている人も結構いるかも知れないわけです。

「いつも読んでたブログがいきなり更新止まって悲しい」

「いつも使ってた素材サイトがいきなり公開やめてて悲しい」

そういう経験、私はありました。

 

なので、三文享楽記事の月四回、特に6000字を楽しみにしていた! という人のためにこの記事を、そして、「そんなの全然知らんよ」という人が見ても楽しめるような内容の記事を書いてみました。

熱狂的な6000字超え記事のファンの方は、その代わりにや、最近参戦したモーミンパパ氏の記事を読んで気を休めてくれれば嬉しいものです。

 

 

では、そんなわけで、三文享楽を応援してもらえれば幸いです。あと、気が向いたら彼の小説も読んでください。

 

- おしまい -







\SNSでシェアする/

Twitterを

Push7で更新通知を受け取る

-お知らせ, ブログ, 三文 享楽   -


劇場版「自宅警備員」公開中

▼規格外SFムービー 劇場版「自宅警備員」公開中!

引きこもり達が高度な技術を持ちリアルに自宅警備をする
という近未来世界を描いた自主制作映画。

外"と"中"の二つに分断された世界で、
《国家VS自宅警備員》の規格外なバトルが勃発する。

まずは予告をどうぞ。

予告編

次は本編を見てくれると相当嬉しいです。

本編

気に入ったらシェア・拡散していただけると更に嬉しいです。

三文 享楽プロフィール

genimg▼この記事を書いた人
当ブログのライター、三文 享楽。小説の連載と、一部記事の執筆を担当。
抜本的少子化対策』の著者であり、自主映画『抜本-BAPPON-』の主演であり、元芸人。
小説を公開している。ぷー

三文享楽って誰やねん??
三文こんなことやってきたで


関連する記事



おすすめ記事

1
無料で簡単にネットショップ開業!「BASE」のメリット・デメリットは?

副業が流行ってきている昨今、私も作曲が趣味なので、音楽で稼げないかとか色々調べて ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...