不毛な記事

【言葉の墓場シリーズ】その1『透明な声』


こんにちは。

映画を作り、音楽を作り、それでも飽き足らず文章も書く暇人の、もみじばです。

日本文学部にいたためか、それとも生まれつきか、私は「何の意味もない文章」を書くのがそれなりに好きです。

意味がありそうで、ない。

意味や文法を意図的に少し崩して、傾けて、回転させて使い、意味深なような無意味そうなような、そんな無意味な遊びをこねくり回した謎の文章を書くのが好きなのです。

 

ですが、このブログも色々とまじめな記事を書いていたら、いつの間にか月間15万PVを超えるほどになってしまい、徐々にまじめな文章しか書かなくなってしまっていました。

ブログを始めたころは意味不明な文章もしっかり公開していたのに…。

Sponsored Links


意味のないシュールナンセンスな文章を書きたいからシリーズ化する

というわけで、多くの人が読むブログでも引き続きわけのわからん文章を書き、なおかつあまり読者に引かれないようにするために、意味不明な文章をシリーズ化して、キャッチーなタイトルを付けることにしました!

その名も

「言葉の墓場シリーズ」

です。

友人がぽろっと言っていた言葉を借りています。レンタルサービスありがとう。

なんかそれっぽいですよね。

 

意味がないとか崩してるとか言ってるけど、結局のところどういうことなの?

という方、今からノープランで好き勝手書き始めますので、それを見て「ああ、こういうことね」と思っていただければと思います。

特に高尚な暗示とかもありませんが、感想があればコメントやツイッターにお願いします。

ではでは。

 

言葉の墓場 その1『透明な声』

給湯室に二人の透明が立っていた。

一人はしつこい程に“横”をなでていたし、もう一人は観念した顔で若者を捕まえているようだった。そして、最後の一人はきちんとした「尾」を増やしていた。

 

そんな折、さらに四人の協力者がやってきたのは言うまでもないことだ。

彼らは口々にこう言った。

「魚に魚を見出すことは魚にしかできない」

もう一度同じことを言った。

「おはよう、今日はいい天気だけど、昨日もいい天気だったよね。つまり、昨日と今日はイコールさ」

 

そんな場面を目撃しながら私は水やり係に頭から水をかけられ、太陽光を浴び、今日も酸素を吐き出すのであった。

 

「ねえ、増えてるよね」

 

そんな声を、彼らからつかまえながら。

 

 

 

もみじばのあとがき

何も解説しません。なぜなら、特になにもないからです。すべるもうけるもないと思ってます。人によってはイラっとするかも知れません。

でも、もし楽しんでいただけたら嬉しいので、コメントやツイッターへのコメントお待ちしています!

別に病んでるからこんなことをしてるわけでもなく、私は昔からこういうことが好きなだけなのです。

今後も需要にかかわらず、やっていきます。

多分競合もいなければ、やるメリットもないので私くらいしかこんなことはやらないでしょう。今後はあとがきも徐々に簡潔にしていく予定です。

 

ではでは!

もみじばのツイッターを見る >




▼ドラクエの名曲「おおぞらをとぶ」をファミマ入店音アレンジしてみた

屈指のドラクエファンブロガーが、不死鳥ラーミアをファーミマに変えました。

そこら中にファミマ入店音が仕込まれてるので、お楽しみください!

YouTubeを見てみる >

週3回くらいで更新中です。チャンネル登録していただけると非常に嬉しいです!

まずは300人を目指しています。

 

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ▼記事を書いた人:もみじば
毎日AM3時まで活動するサウンドコンポーザー&自主映画監督の副業リーマンクリエイター。最近のおすすめムービーは『リアル自宅警備員』。

真面目なプロフィール・お問い合わせ
こんなことやってきました

Sponsored Links



\SNSでシェアする/

Twitterを

Push7で更新通知を受け取る

-不毛な記事   


この記事も読まれています



おすすめ記事

1
自主映画監督が選ぶかっこいい映画ポスター10選!

映画を見ようと思うときのひとつに、「偶然目にしたポスターがかっこよかったから」っ ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...