グルメ

【つじ半 神楽坂店】ぜいたく海鮮丼は本当にぜいたく感満載だった

2017/11/20

神楽坂での食巡りを最近怠り気味なだが、それでもたまに新たな店を求めて来る。そして、久しぶりにまた新たな店に入った。そして、良い店だった。

神楽坂、とんかつの名店「あげづき」のすぐ横にある、つじ半 神楽坂店。あげづきが超人気店で行列になる(私も時折その行列の構成員と化す)ので埋もれがちだが、ここも人気店である。

 

ちなみに今までずっと店の存在に気づいてなかったのかと思ったが、そもそもオープンしたのが2017/8らしいので、私が来店したのはオープンから3~4ヵ月後ということになる。比較的早めなので安心した。

さて、紹介していく。ちなみに、どちらかというと女子にお勧めである。

 

スポンサーリンク

ぜいたく丼 日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店

店の場所は少しわかりにくい。

 

店舗外観

店舗情報

  • 日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店
  • 東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル 1F
  • 最寄り:飯田橋
  • 営業時間:~21:00ラストオーダー

出典:日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店|食べログ

階段を降りると「あげづき」。そちらではなく、階段を二段上がった、暗い廊下の右側にあるのが「つじ半」。隠れているようなたたずまい、つまり名店の確率が高い

よく見ると「こう並んでください」という看板があるのだが、あまり目立っていないので最初私は無駄な並び方をして時間を浪費してしまった。

後ろに気づかず、抜かして店の入り口に並んでしまい、店員が次の人を呼ぶときに私を無視し続けるので「なんや」と思ってたら「並び、あちらなんです」的なことを言われて初めて気が付いた。

人間は言われないと気付かないことがある、そんな教訓を私は得て、満足して帰った。というのはつまらなすぎる冗談で、そして文字数稼ぎであるので、また本題に戻る。

 

店の雰囲気

店内は落ち着いた和な、高級感のある雰囲気。

縦長な店内だった。写真を撮ろうと思ったが、雰囲気的にやめておいた。時には人間、やめることも重要であるという教訓を得たので、私は満足して帰宅した。

さて。

 

ぜいたく丼

ぜいたく丼しかない。が、それがブランディング的だと思う。

限られた一品を提供し続けて、しかも品名が「ぜいたく丼」。そんでもって松竹梅、特上の4ランクになっている(今は3ランクかも)。最初梅にしたら、次また来たくなる仕組みでもある。

というわけで、私はぜいたく丼の「梅」を注文した。各ランクそれぞれ、いくらやうにを有料でマシマシにできる。(注文方法は「イクラマシマシ アブラオオメ!」というテンションではないので注意)

ぜいたく丼「梅」 1,080円(税込)

生まぐろ、中落ち、いか、数の子、胡瓜、つぶ貝、みる貝、ボタン海老、いくら

まずはお茶が来る。

そして次は

のお出まし。右上は黄身醤油。これにかけるのではなく、のちに出てくるぜいたく丼にかける用。

海鮮丼を途中まで食べた後に、頼むと鯛出汁茶漬けにしてくれるので、2きれ残すのがお勧め…と書いてあった。私は3きれ残した。

最初これが来たとき、そもそもこのまま食べていいのか、海鮮丼と食べるのか迷ってしまった。フランス料理で迷うような感覚(食べたことほぼないけど)。

が、とりあえず勇気を振り絞って食べた。鯛の生臭さを消すというよりは、それをプラスにしてしまうたれの味付け。以前他で食べた鯉こくはちょっと濃すぎたが、鯛はいける。うまい。

ぜいたく丼 梅

そして、ついにぜいたく丼が現れる。

天高く積み上げられる海鮮たち。演出とわかってはいてもテンション上がる人も多いのではないかと思う。インスタ映えもするだろうし、店内の落ち着いた雰囲気もあり、女性客が大半だった。

アメ横にも盛り盛り海鮮丼はあるのだが、やはり提供の仕方・演出で変わるのだ。そして、食べてみると実際、味的にも美味しい! 食べてすぐうまいと思った。海鮮丼に詳しくはないが、うまかった。

最初に卓上に置かれる「黄身醤油」をすべてかけて食べるのである(それがお勧めと書いてあった)。

↑黄身醤油をかけた様子

こりこりしたみる貝も、やわらかい海鮮も、ぷちっとしたいくらも、くずれた海鮮もすべてが一体となって醤油とわさびの元に味覚を刺激する。ごはんとのりでそれを包んで食べる。

新鮮さもなんとなく感じるし、雰囲気も相まってぜいたくな気分になるのは確か。美味しいし、これは人気が出るのも納得。

友達と適当に食らうアメ横の500円の海鮮丼も私は好きだが、工夫して提供されるぜいたく海鮮丼もいいなと思った。

鯛出汁

そして、途中まで食べた辺りで(頼むタイミングにだいぶ迷ったが)、鯛出汁を入れてもらう。

こちらもまた美味しい。やさしさと濃さが同居している。

鯛を載せるとこう。

焼肉のようだが、少しすると…

こうなる。

これはこれでうまそうだ。

こちらもまた鯛の尖った個性部分を出汁でまろやかにしてるような強めてるような、そんな感じでうまい。伝えるのが難しいが、とりあえずよかった。

少しクセがあるつけ麺のスープ割のような美味しさを感じた。たとえがあまりよくない気がするが、まあ気になる方は食べていってみればよいのだ。そのためのこの記事である。

 

まとめ

というわけで、ぜいたく丼は確かにぜいたく感満載で、おいしい丼だった。

海鮮好きは是非行ってみてほしい。が、どちらかというとそうでない海鮮嫌いな方こそ、むしろ行くとハマるかも知れない。

そう思い、私は満足して帰路についた。

 

 

本当に。

ーおしまいー


 

そうはいっても、居酒屋の海鮮丼もランチには嬉しいもの。

すぐ隣のあげづきもお勧め。



読者登録お願いします

ついについに…! 第二の目標20人に到達!!
ちょっと満足してしまいましたが、まだまだ多くの人に読んでいただきたいので、次の目標をどうするか考えることとします。


回転グルメナビ

そして…

最近、グルメレビューを”わかりやすく・見やすく・便利に”まとめたコンテンツを立ち上げました。

▼最寄りやおすすめ店も一目瞭然!グルメレビュー情報

美味しい店探しなら回転グルメナビへGO。

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

▼この記事を書いた人
”紅葉葉 秀秀逸”というイマイチな名前を名乗る管理人です。月間18万PVまで来ました。
作曲・自主映画・ゲーム制作ととりあえず色々やる人。働きながらやってます。
座右の銘:「ラー油の上」 年齢:鳥

真面目なプロフィール・お問い合わせ
こんなことやってきました


この記事が気に入ったら
いいね!で最新記事をチェック

新着記事を配信中

Twitterで回転オトエフミを

更新情報のプッシュ通知を受け取る



シェアする

-グルメ   -,


おすすめ記事

1
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

2
グルメチェーン店レビュー超まとめ!【寿司、とんかつ、ラーメン…】

腹減ってますか? 減ってない方、これから減りますよ。私は減りました。 &nbsp ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...