ムービー配信中

不毛な記事

ちょうちょが舞うのは靴ベラに似るから


間近で見たときにどう思います?

 

深みがなくて、浅さもない。

 

これって、天然ダイニング形式なんです。

 


天然コート

よからぬ発言をしたBがいた。

 

しかし、Bは消えゆく壁際には見えなかったのだ。

 

 

「通り過ぎるからって多すぎない?」

 

呼びかける超過した指先。

 

 

B「天然にはかぶせ物が必要だってさ」

 

 

そうして、コートが選ばれたのだ。沈黙には注意が必要だ。

 

 

 

飛ばした地面には浮かび上がる筆に見えそうではないだろうか? そのような意見に現れるのは大抵、61の恐れだ。

 

恐れとは、つまり最善の戸惑わぬCDケース。知った顔をしてbを攻め立てる。

 

 

bは言う。「私がBであったことはない。もはや、そのような事実はないのだ」

 

 

これを解釈するには、Aという能力が皆無であり、近々見たいのだ。

 

 

A「私とBの話はほどほどにせよ。なぜなら、私はBだからだ」

 

 

こうして、天然のかぶせものを得たBはつまり後のbであり、すなわちAとなったのだ。これこそが人類共通の認識だったとは、このとき、走り去ろう。

 

 

まごうことなき意味。

 

意味に込められし、揺らめき。

 

 

ただただ零れ落ちるは虚無であった。虚無とは、つまり、aのことだというのは、この話を読めばわかることだろう。かくして、aはすべてを見たのであった。靴ベラは舞い、そしてaとなる。いつまでも、今までは。

 

 







\SNSでシェアする/

Twitterを

Push7で更新通知を受け取る

-不毛な記事   


劇場版「自宅警備員」公開中

▼規格外SFムービー 劇場版「自宅警備員」公開中!

引きこもり達が高度な技術を持ちリアルに自宅警備をする
という近未来世界を描いた自主制作映画。

外"と"中"の二つに分断された世界で、
《国家VS自宅警備員》の規格外なバトルが勃発する。

まずは予告をどうぞ。

予告編

次は本編を見てくれると相当嬉しいです。

本編

気に入ったらシェア・拡散していただけると更に嬉しいです。

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ▼記事を書いた人:もみじば(紅葉葉 秀秀逸)
「サラリーマンには創作活動ができないだろうか? いや、できる」の反語を実証する
20代リーマンクリエイター。独学のプロ。リーマンだって"好きなことして生きていく"。
座右の銘:「ラー油の上」 年齢:鳥

真面目なプロフィール・お問い合わせ
こんなことやってきました


関連する記事



おすすめ記事

1
無料で簡単にネットショップ開業!「BASE」のメリット・デメリットは?

副業が流行ってきている昨今、私も作曲が趣味なので、音楽で稼げないかとか色々調べて ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...