カレー グルメ・食

神楽坂と飯田橋の狭間のラッキーセブンカレーは、安くてキャベツ食べ放題!

2018/08/22


神楽坂というと食の聖地…のようなイメージかも知れない。飯田橋というとそうでもないかも知れない。

今日は、そんな神楽坂と飯田橋の間に最近(2017/10/11時点での最近)できたカレー屋を紹介しようと思う。

元は「き作亭」というカレー屋があった。外国人の店主が営む、まさに個人店という雰囲気の店だったが、ラッキーセブンカレーはチェーン店風。

追記:その後、1年経たずしてすぐ閉店してしまった。

 


神楽坂(飯田橋)「ラッキーセブンカレー」

店名がタバコを思い出すが、全く関係ないと思われる。

 

店舗外観

店舗情報

  • ラッキーセブンカレー
  • 東京都新宿区神楽坂1-14 東邦ビル 1F
  • 最寄り:飯田橋
  • 定休日:なし
  • 営業時間:11:00~22:30

出典:ラッキーセブンカレー|食べログ

チェーン店風の看板、店名のカレー屋。だが、検索してもヒットしないので恐らくチェーン店ではないと思われる。

楽しそうなハッピーな色遣いの看板だ。

 

店の雰囲気

店内は小ぢんまり。そして、やはりチェーン店感が漂う。清潔感はあり、そしてどこか日高屋を思い出す。

 

カレー

カレー 550円(税込)

基本的にメニューはカレーのみ。

※追記

オープンして日が経つうちに、カレーの種類が増えている様子。最初は本当にカレーしかなかったが、○○カレーが色々増えている。

 

そして、キャベツが食べ放題GOGOカレーも実はキャベツ食べ放題という情報もあるが、キャベツを出すカレー屋は意外とそういうところも多いのだろうか。

まあ、とんかつにキャベツほどは合わないものの、カレーにキャベツも結構進むのでありがたいことである。

味はというと、安いことを考えると意外とうまい。コクがあるような気もする。

じゃがいものサクッとしない柔らかい食感も面白い。山芋のようだ。

キャベツおかわりはしなかったが、量も満足できる量だし、味もOKで金額も安い。これはランチとしては結構ありだと思う。ついでに、出てくるのも早め。

福神漬け以外にも漬物があり、これが口をさわやかにするので、後味も悪くない。ふらっとなんとなく寄るには良い店だと思う。ランチはパワー!派にはまさにお勧め。

 

ひとこと

飯田橋にはほかにも「カレーにっぽん」という、いかにもチェーン店風のカレー屋があるが、そういうのが流行ってるのだろうか。そちらもチェーン店ではないのだ。

個人的には、そっちよりもこちらの方がキャベツ食べ放題なので、お勧めかも知れない。ただまあ、単にランチを安くなんとなくうまいくらいのものを食べたいよ、という人はどちらに行っても後悔はしないだろう。

逆に、凝ったカレーを求めるなら…神楽坂をぐっと登って、「想いの木」というインドカレー屋に行くのがお勧め。接客も丁寧で、落ち着いた雰囲気の店内の、日本人が営むインドカレー屋。シェフはインド人。美味しいので、少し高いけどお勧め。

では、カレー好きの皆さんも、カレーに興味がない皆さんも、今日はこの辺で…。







\SNSでシェアする/

Twitterを

Push7で更新通知を受け取る

-カレー, グルメ・食   -,


劇場版「自宅警備員」公開中

▼規格外SFムービー 劇場版「自宅警備員」公開中!

引きこもり達が高度な技術を持ちリアルに自宅警備をする
という近未来世界を描いた自主制作映画。

外"と"中"の二つに分断された世界で、
《国家VS自宅警備員》の規格外なバトルが勃発する。

まずは予告をどうぞ。

予告編

次は本編を見てくれると相当嬉しいです。

本編

気に入ったらシェア・拡散していただけると更に嬉しいです。

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ▼記事を書いた人:もみじば(紅葉葉 秀秀逸)
「サラリーマンには創作活動ができないだろうか? いや、できる」の反語を実証する
20代リーマンクリエイター。独学のプロ。リーマンだって"好きなことして生きていく"。
座右の銘:「ラー油の上」 年齢:鳥

真面目なプロフィール・お問い合わせ
こんなことやってきました


関連する記事



おすすめ記事

1
無料で簡単にネットショップ開業!「BASE」のメリット・デメリットは?

副業が流行ってきている昨今、私も作曲が趣味なので、音楽で稼げないかとか色々調べて ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...