とんかつ グルメ・食 モーミンパパ

トンカツ第三の選択。ソースでも塩でもなく”醤油”【芝大門 のもと家】

ふやけた肉体の三分の一がトンカツでできているモーミンパパです。

自分は三枚肉ですが、最近ロースもしんどくなって、かつては「豚肉に非ず」と嘲笑していたヒレを頼むたびに、たるんだ腹をつまみつつ「老いたり」と己を叱咤しております。

とはいえ、やるときはやります。

食うときは食います。

とくにあまり足を運ぶのない地域に出かけたときは、腹具合や懐具合などとはまったく相談せずに人気メニューや名物メニューに飛びつきます。

そして後悔二割、しかし満足八割で、背中を反り返らせてゆっくりと帰途に着きます。

まあ、それはいいとして。


 ソースで食べていたトンカツを塩で食べるようになった。その次は?

以前にも書いたかもしれませんが、最近はブランド豚肉を使う店が増えたこともあり、トンカツを塩で食べさせるのがスタンダードになりつつあります。

塩で食べる利点は、肉そのもの、または脂そのものの味がよくわかることです。

ブランド豚肉もピンからキリまであります。わたしのよく行くスーパーにも、三種類か四種類のブランド豚肉が売られています。値段も結構開きがあります。ちょっと調べたら、全国で255種類が登録されているようです。とても覚え尽くせません。食べ尽くせるかもしれませんけど。いや、食べ尽くしてみたいですけど。

とにかく塩で食べることを、わたしは否定しません。ただ、ご飯のお供にはあまり合わないと思います。だからわたしはまず一切れ塩で食べ、塩が二種類以上あるときはそれぞれ一切れ食べ、その後はゴハンの量と相談しながらソースに移行していきます。

トンカツ屋さんのソースは、それぞれ店で配合などを工夫したオリジナルになっていることが多く、濃厚だけどご飯にも合う仕上がりになっています。個人的には芥子もたっぷりつけるのが好みです。以前、どこかの店の主人に教わった通り、衣の上ではなく、肉の断面に塗ります。こうしないと、いくら塗っても芥子の刺激が殺されてしまうのだそうです。

レモンは最後の一切れにだけ使います。ロース肉の端は脂身が多いですから、ここはさっぱりと締めたいのです。

というわけで、トンカツは塩とソースで食べるわけです。

一般的には。

ところが、そこへ第三の選択を突き付ける店が登場してきました。

 

 六白黒豚を第三の選択で

芝大門の「のもと家」です。

ビルの二階にある目立たない店ですが、いまでは昼時は行列ができているようです。

わたしはオープン間もない頃に一度訪れました。そのときはまだ空いていて、調理場に立つ料理人の方とも、フロアに立つ女性のかたとも話をすることができました。

女性はオーナーの娘さんで、鹿児島の方ということでした。

なので、ここの上位メニューは鹿児島の「六白黒豚」なるブランド豚肉を使っています。255種類のなかでも、かなり有名銘柄です。というか、わたしのようなトンカツ&豚肉料理ファンにとっては垂涎のブランドといってもよろしい。

六白黒豚のなんたるかは、ここでは説明を省きます。食べればわかる。

わたしなりに特徴を書けば、以下の通り。

しっとり、さっぱり、まったり。

もう少し書くと、繊維が細やかでぱさつきがなく、脂身にくどさはなく、肉身には味わいが折り畳まれています。

だから、塩で食べても、おいしい。もちろん塩も用意されています。

ソースもあります。自家製ブレンドです。これも、おいしい。

しかしカウンターにはソース壺より大きい壺が用意されている。見れば「とんかつ醤油」の文字が。

さらに届いたトンカツの皿を見れば、キャベツの脇になにやら薄緑色のものが添えられています。「茎わさび」です。

これぞ「のもとや」独自の提案です。

塩もいい、ソースもいい、ですが「第三の選択」としてトンカツを醤油でもどうぞというのです。

 

鹿児島産には鹿児島産が合う 

しかも、これが普通の醤油ではない。

鹿児島の醤油です。

産地が関東のひとにはおなじみの千葉県野田ではないということは、味も違います。

どう違うかといえば、こっくりとして甘みがあるのです。

これが揚げた豚肉とよく合うのです。

ラーメンスープの表現ではありませんが、肉によく絡みます。醤油の塩気が肉身を、醤油の甘味が脂身を、それぞれに引き立ててくれるのです。

しかも、茎わさび。

すり下ろしたわさびほどの鼻にツンとくる刺激はなく、芥子よりも上品に舌を引き締めてくれます。

いいです。

塩を何種類も用意している店もありますが、それよりずっと気が利いている。

すべてのトンカツに鹿児島の醤油が合うかどうかはわかりませんが、少なくとも「のもと家」のトンカツにはしっくりくる。

わたしは240gの特選厚切りロースかつ定食を注文しましたが、ぺろりんこ、でした。

 

 まとめ

昔は天ぷらも塩などなく、天つゆに大根おろし一辺倒で食べていました。それがネタも油も質が上がって、塩で食べるようになりました。それでもわたしは、才巻海老が三本出てくるときは、まずは塩、次は塩にレモン、三本目は天つゆで食べます。そのほうがいろんな味が愉しめるからです。

トンカツに醤油。これは虚を突かれた思いです。アジフライはソースでも醤油でも食べるのに、トンカツは醤油で食べようとはしなかった。先入観とは恐ろしいものです。

おいしい店目白押しのトンカツ屋さんでベストワンは問われたら、わたしは迷いに迷った上でもう一度お気に入りの店をハシゴすることでしょう。

でも、オンリーワンというなら、浅草橋の「丸山吉平」さえ押さえて「のもと家」と答えたいと思います。



読者登録お願いします

とうとう…高い目標と思っていた50人を達成することができました。
感慨深いです。ここからは気長に、着実にやっていきたいと思いました。ありがとうございます。


回転グルメ録

ちなみに…

グルメ系の記事をわかりやすくコンパクトにまとめたコンテンツも公開しています。

▼最寄りやおすすめ店も一目瞭然!

等身大の感想をご覧ください。

モーミンパパ プロフィール

genimg▼この記事を書いた人
 ブログ管理人の父でもあり、ライターでもある存在。
ムーミンパパの要領で、モーミンパパ(管理人のペンネーム=紅葉葉 秀秀逸)。文章の道を行く、グルメオヤジ。

モーミンパパのゴアイサツ


この記事が気に入ったら
いいね!で最新記事をチェック

新着記事を配信中

Twitterで回転オトエフミを

Push7で更新通知を受け取る


ついでにこのブログで配信している…



シェアする

-とんかつ, グルメ・食, モーミンパパ   -,


おすすめ記事

1
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

2
グルメチェーン店レビュー超まとめ!【寿司、とんかつ、ラーメン…】

腹減ってますか? 減ってない方、これから減りますよ。私は減りました。 &nbsp ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...