お役立ちサイト 撮影

いい橋ないかな~?都内の橋を探すのに便利なサイトまとめ5選【撮影・散歩】

2018/07/27


橋っていいよね。どうも、将来の夢は””でした。嘘です。

さて、東京には自然がない!とか言われがちですが、川は結構あってつまりは橋も大量にあるのです。隠れた綺麗で美しい橋や、かっこいい橋、のどかな橋、汚い橋、どうでもいい橋なんかが色々と眠っているわけです。

先日、趣味の映画撮影のために”四ツ木 避難橋”という橋に行ってきましたが、そこの景色の素晴らしいこと! スカイツリーより古い橋なんですが、橋の真ん中にドーントスカイツリーがあるんですよね。橋の色は鮮やかな黄色でそれがまた面白い。

 

お気づきかも知れませんが、この記事のトップにある写真がその橋です。

 

というわけで、写真撮影やらロケ地探し、絵を描きたい、はたまた単純に散歩、もしくは橋の歴史をたどりたい! なーんて人たちのために、「都内の橋を探すのに便利なサイト」をまとめてみました。

橋って景観的にやっぱり映えますよね。カメラに収めるもよし、目に焼き付けるもよしですね。

 


東京都内の橋を探すのに便利なサイトまとめ

橋を探しましょう。

 

 

橋の巨大データベース!「東京の橋」

東京の橋 コンシェルジュ

都内の橋を市区町村別や、川の名前別にリストで探せるHP。ほか、名前を入力して検索できるページもあります。多摩川、江戸川、荒川、墨田川…どこの橋でも探してしまいましょう。

現在写真付き橋の数は”3900です。

とのことです。写真のない橋もたくさんありますが、写真のある橋もたくさんあるというわけです。写真のない橋を含めた総数は不明。

このような感じでそれぞれの橋のデータベースが見られます。名称不明の橋もたくさん載っています。

最寄り駅までわかるので便利です。更に、最寄り駅をクリックすると、その駅の公式ページに飛んだりする手の凝りよう。

 

 

乗換検索だけじゃない「NAVITIME」

東京都の橋|NAVITIME

乗換検索で大分使ってますが、橋も探せるんです。橋の名前一覧とGoogleマップ…という、当然ですが実用性志向です。

写真のある橋もありますが、基本的にはどんな橋なのか、どんな風景なのかを知るにはグーグルストリートビューを使うことになるでしょう。

 

 

「ぶらっと遡上探索」

浅川に架かる橋 57|ぶらっと遡上探索

橋だけにこだわっているわけではないのですが、様々な橋の写真があります。「〇〇川に架かる橋」という形で整理されているので探しやすいです。

橋の写真が一覧でずらっと並んでおり、それぞれをクリックすると、各橋の詳細ページ的なところに飛びます。風景や、橋の周辺の情報や写真とともに丁寧に説明がされています。橋レポートという感じです。

なかなかにボリューミーです。お勧め。

 

 

レトロな橋を探すなら「弥生の森の散歩径 橋梁館」

弥生の森の散歩径 橋梁館

雰囲気のあるHPです。

明治期から戦前の橋を中心に・・・作成しております。

古い橋は歴史を語るうえで、かかせないランドマークであり、生活に密着したものです。
地味ですが、なかなか味のあるもの・・・ですね。

とのことで、レトロな橋のよさ、歴史的文化的な意義なんかを感じたい人にはよさそうです。

橋は隔たれた陸と陸をつなぐもの。やはりロマンがあるんでしょうね。昔のドラクエでは橋を渡ると敵が強くなって冒険感を感じたりしたものです。

 

 

都内の古い橋リスト「東京の古い橋|小さな旅と四季の風景」

東京の古い橋|小さな旅と四季の風景

こちらも都内の古い橋を載せているサイト。

こんな感じで由来、歴史などと共に橋が紹介されています。

 

ひとこと

なかなかこんな記事は需要もなければ供給もないとは思いますが、橋を探すときはぜひ活用してみてください。

ああ、ブリッジはいいなあ。

~おわり~


 

写真は構図が大事。

わざと構図だけをいい感じにした、中身のないムービー。







\SNSでシェアする/

Twitterを

Push7で更新通知を受け取る

-お役立ちサイト, 撮影   


noteで「ブログ運営のリアル」を販売中

noteで「ブログ運営のリアル」を販売中

現在、ブログを15万PV超えにするまでにやった19のこと【リアル版】という記事を、noteで販売しています。200円です。

裏技が載っているような情報商材ではないですが、
施策ごとに成功度・失敗度を載せつつ解説しています。

このブログの運営ノウハウが知りたい方は、読んでみてくださいね。

読んでみる

 

劇場版「自宅警備員」公開中

▼規格外SFムービー 劇場版「自宅警備員」公開中!

引きこもり達が高度な技術を持ちリアルに自宅警備をする
という近未来世界を描いた自主制作映画。

外"と"中"の二つに分断された世界で、
《国家VS自宅警備員》の規格外なバトルが勃発する。

まずは予告をどうぞ。

予告編

次は本編を見てくれると相当嬉しいです。

本編

気に入ったらシェア・拡散していただけると更に嬉しいです。

紅葉葉 秀秀逸プロフィール

 ▼記事を書いた人:もみじば(紅葉葉 秀秀逸)
「サラリーマンには創作活動ができないだろうか? いや、できる」の反語を実証する
20代リーマンクリエイター。独学のプロ。リーマンだって"好きなことして生きていく"。
座右の銘:「ラー油の上」 年齢:鳥

真面目なプロフィール・お問い合わせ
こんなことやってきました


関連する記事



おすすめ記事

1
消えた遺産。ガラケー時代のドラクエを徹底調査!【グランカジノ・カードのほこら…】

こんにちは。ドラクエファンが高じてドラクエランキング記事を書いて「ドラクエ ラン ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...