小説連載中

三文 享楽 寿司

スシローおすすめメニュー!期間限定とサイドメニュー最高【三文】

2018/03/29

お前、寿司屋きたんだろ?寿司食えよ!

と言われているのは誰でしょう。

ええ、そうです、寿司屋でも揚げ物やラーメンばかり食べているこの私、三文享楽です。

 

といっても、寿司もたくさん食べているのですがねえ。

どうも寿司屋に来たのに揚げ物ばかり食べているのを見た方は、そこをつっこみたくなってしまうのかもしれません。


パッと読める目次

スシローおすすめメニュー

さてさて、ということで今回は、ネタが良いと言われるスシローでのおすすめを次々とご紹介していきます。

グランドメニューもほとんど美味しいわけですが、期間限定のおすすめネタ、これがまたネタが良くて美味しいわけですよ。

安くて旨いのを腹いっぱい食ってやると思っている時にはあまりおすすめしませんが、まわらない寿司屋の高級ネタを食べるほどではないけれども、それなりの値段でしっかりとしたネタを味わいたいというのならば、スシローの期間限定ネタがおすすめだったりするのです。

 

期間限定

ということで、早速期間限定のご紹介から。

豪華な価格設定でサイコーのネタを味わえるのが素晴らしいですな。

もっちりまぐろとむっちりサーモン

980円+税

はい、もう見た目で言うことはないかもしれません。

これが美味しいことは一目瞭然ですもんね。

豪華にも、トロのまぐろやトロのサーモンが一皿に詰まってこの値段なわけです。

寿司の量的には少ないかもしれませんが、正直言ってこれ一皿食べればもう他にいらないでしょう。魚の脂身と旨みでもう満足、特に他を食べたいと思わなくなるはずです。

国産生本鮪6貫盛り

980円+税

まあ、見て分かりますよね。

このてろてろ感と、もっちり感、しっかりとした魚の旨みを凝縮した脂ののりですよ。

説明不要かもしれませんが、とろが旨い!赤身にもしっかりと脂ののった旨さがあり、わざとらしくない新鮮な味が凝縮されています。

これ一皿で満足できると思います。

ちょっとダイエット中だけど、美味しい寿司を手軽に食べたいという時にはこれだけ食べに行くのもありだと思います。

 

さば押し寿司(ハーフ)

しっかりとした味の押し寿司です。

鯖の旨みがしっかりと詰まっています。ご飯もしっかり詰まっていれば、鯖の脂身としての旨みもしっかりと詰まっている。これはもう一回頼めば満足できるメニューなわけです。

これはハーフサイズですが、ハーフで十分に満足できる味でございます。

炙りいか

100円+税

炙られて味がひきしまるとはまさにこのこと。

サーモンやトロなど脂ののっている魚を炙って美味しいのは当然ですが、いかのように元がさっぱりしていても炙ると旨いのです!

更にしそもあわせてますますさっぱり!

天然炙りサーモン

100円+税

サーモンに炙りの味が詰め込まれて、旨い!

シンプルですが、サーモンに一味加えて美味しくなる感じです。

グランドメニューにしてもいい感じです。

炭焼きかつお塩たたき

100円+税

サーモンと同じく焼きが入ったことで、また違った風味になるわけです。

ねぎがかつおのたたきとはよく合いますなあ。

苦みとあいまって、これはまた良い味。

炙りさわら

100円+税

これは食べれば是非分かる一品。

上品な味ですよね。見た目は派手ではないですが、さわらが炙られれているとあれば好きな人は大好きなものです。

是非に賞味あれっていうくらいすすめられる一皿です。

焼き穴子

100円+税

一貫ですが、穴子の旨さが分かります。

個人的には二貫でもいいかなと思ってしまいましたが、これはまあ美味しい証拠なのでしょうね。

ふっくらと美味しかったです。

黒毛和牛プルコギ

100円+税

いいですよね、牛肉の旨みがよく出ています。

けっこうのっかっているので、最初にこれだけで味わってちょうどよくなったらレタスで包み込んで一気にパクッ!

うーん、美味しいんですよね。寿司屋で味わえるとは思っていなかったもので、満たされるその感覚。

甘鯛の天ぷらにぎり

100円+税

贅沢ですな、天ぷらにしちゃってそれを寿司で食べられるわけです。

さっぱりとしている甘鯛を天ぷらにすることで、旨みが詰まった感じです。

これと鯛の食べ比べるのも贅沢な楽しみ方。

天然えびフライタルタル

100円+税

えびがしっかりとしていて、立派なえびフライです。

タルタルも旨い具合にマッチして、これ一皿で当然にえびフライ欲も満たせます。

海苔があっているのかは分かりませんが、まあ、最後に一枚で食べるにしろ、あった方が豪華感があっていいですよね。

コーンバター醤油

100円+税

もうシンプルに旨い!

こんな簡単なメニュー、家で作れるやろと思いつつも、なんだかんだそんなにはやらないメニュー。

ふと食べてみると、シンプルに素材の味が生かされ、寿司の合間にいいですな。

ポテりこ サラダ

280円+税

ああ、フライドポテトとはなんか違って、やっぱりじゃがりこ的なポテりこ、いいですな。

これを最初に頼んで、寿司を食べながらボリボリうめえぜ。

寿司の帰りに持ち帰って車で食べたくなるようにくせになります。

しらうおの唐揚げ

180円+税

ばりばり、ぼりぼり、という音までではないのですが、さかなの揚げ物を食べ続けるあのカルシウムを食っているようなあの感じ。

もう満足です。

これを一皿頼んで、生魚の寿司を食べつつ、定期的に油感を楽しむのがサイコーです。

 

握り(魚の寿司)

待ってました、スシローで食べられるグランドメニューたちです。一部期間限定も混じっていますが。

ネタの良いスシローでどれだけの種類の魚を食べられるでしょうか。

寒ぶり

100円+税

のってますねえ、脂が。ホント、トロサーモンやまぐろが脂ののった寿司じゃないですよ。

こういうぶりやハマチの脂がまた違った旨みでね、寿司としての満足感を存分に出すわけですな。

生えび

100円+税

いやはや、ぷりっぷり。脂身のある一貫、さっぱりとした一貫。

どれも旨いんだけど、もう一つ違った種類が食べたい、そうぷりっとした。

ええ、ぷりぷりの寿司を食べたい時にはもうこちらがおすすめ。

たこぼっち(水たこ昆布〆)

100円+税

また違うんですよね。

なんというか昆布〆してあることで、さらにさっぱりと食べられるわけです。

ただでさえ、こりっとして他の寿司の合間に食べるにはもってこいなのに、さっぱりしているから揚げ物の合間にももってこいです。

まぐろ

100円+税

聞いたことあるでしょうか。

スシローの赤身は赤字と。

少し前にスシローに行ったときはよくこの文字を見ていた気がします。

ええ、確かに間違いないんだろうなと思えます。ねっとりとた詰まった赤身の旨みに値段不相応な旨さを感じられるわけです。

炙りサーモンバジルチーズ

100円+税

まあ、ただでさえ脂がのっていて美味しいサーモンをさらにこってりとそしてバジルのさっぱり風だけれでも更なるこってりを与える一貫であることが分かりますよね。

魚の旨みを極端に求めた若者、魚にチーズを組み合わせて更なるこってりを求める若者、バジルの旨みを旨いものにあわせて食べたい若者、いえいえ、若者限らずこってりとした魚の旨みを味わいたいのならばこの一皿がおすすめです。

柚子塩えんがわ

100円+税

もう変わらぬ旨さですよね。ただでさえ旨いえんがわに、しそがはさんであって、柚子塩でさっぱりと食べるんだから、一皿で満足できるわけですわ。

しょうゆで食べるのも美味しいえんがわですが、元々独特な味があるんだから柚子塩でさっぱりと食すのも美味しいわけです。

はまち(漬け)(たしかそうだったか、と)

100円+税

写真だけの記憶になってしまうのですが、しっかりとした味つけの脂身ののった魚だったかと思います。

肉厚というのは見るだけでも分かりますよね。しっかりとした魚の身を濃厚な味付けで食べ、ねぎでさっぱりできるのだから美味しいわけです。

えびアボカド

100円+税

えびのさっぱりした味、アボカドの濃厚な味、たまねぎの苦みと辛みと甘みに、全体を統括しまったりとさせるマヨネーズ。

これにはたくさんの味が詰まっています。

一皿で、これら全ての種類の味が楽しめるわけです。

ジャンボ赤えび

100円+税

一貫で百円、それはもうわけがあるんですよ。見て分からないのならば食べてみれば分かりますよ。

これまで以上にえびがまたぷりっぷり!

口に入れて、歯や舌にまとわりつくようにぷりつくえびは食べてみれば分かるこの美味しさです。

焼き赤にし貝

100円+税

いいですよねえ。だって、この貝ってあんま食べなくないですか?

さっぱり、こりっこり、シャリとあわせてもぐもぐもぐ。うーん、旨いですわ、独特。

他に赤にし貝はあまり食べることないと思いますので、是非食べるのをおすすめします。

焼き鯖柚子おろしのせ

100円+税

ああ、まあ、さっき押し寿司の美味しいことは言っちゃったんですけど、まあ、美味しいわけですよ。

柚子味のするおろしまでのっかっちゃって、更にさっぱりしているわけですし。

鯖の濃厚な脂身と旨さをうまく中和した満足のいく一皿です。

 

握り(その他)

こういう魚以外のネタも豊富にあるから何度も通ってしまうわけですね。

肉も食えて揚げ物も食える。毎日、違う味を食べられるから、通って食べ尽くす。いいことですな。

若鶏グリルステーキ

100円+税

魚を食べつくす寿司の合間に若鶏。あいますねえ。

そしてこれがまたいいネタなわけですよ。

鶏肉の赤身部分的なところもしっかりしているし、脂身しかり川の部分の脂っこさも生きています。当然に一皿で満足するこってり感です。

牛塩カルビ

100円+税

まあ、更にこってり感で満足すような一皿ですよね。

脂のしっかりとついたカルビで寿司屋を軽く凌駕したような動物的な満足感が得られます。

牛塩ということもあって、さっぱりとしつつも牛肉の脂っこさを味わえました。

 

軍艦(魚)

軍艦ってのもいいですわな。

形は握りのネタほどしっかりしていない分、ネタ自体は多めに食べられる気がします。

パリっと天然まぐろたたき身

100円+税

まぐろのとろっとした旨みと、寿司の名前通りパリッとした食感を一緒に味わえる軍艦です。

単純なまぐろの食感だけでなく、パリッと感もあり、味的にも良い感じありの軍艦となっております。

これにより、飽きることなくこの組み合わせを楽しめることができるわけです。

シーサラダ

100円+税

やはり、マヨネーズ味て魚や肉の寿司屋に革命を与えてくれた味となっています。

動物的なたんぱく質の味でもないのに、満足感を出すんですよねえ。

食べたいメインの大きな寿司が来る前に、ひとまず食べておくにはふさわしいちょうどいいお寿司です。

軍艦甘えび

100円+税

もう、またぷりっぷり!エビの甘さと旨い触感を兼ね揃えたうえにマヨネーズの味とマッチし、この軍艦一環で満足のいくものになっています。

また、生のえびにマヨネーズの甘っぽい味が会うんですよね。

ということで、ここ最近はスシローに行ったら一回は食べたいと思っている寿司でございます。よくあうんですわ。

じゃがじゃがツナサラダ

100円+税

ツナサラダって旨いですよね。

ただ寿司屋で食べるのはもったいないなあ、と少しでも感じたことある人にはおすすめです。

これにはじゃがじゃががあるわけです。お得感もある上に、これがまた旨い。食感が変わっていいのです。

数の子松前漬け

100円+税

すみません、もしかしたらこの写真はいかのなんかだったような気もしますが、ちょいと昔の写真で記憶があやふやですみません。

ただ、数の子松前漬けも当然に食べていて、美味しかった寿司です。

やっぱりしょっぱみでもう満足ですよね。数の子のぷちぷちが松前漬けならではの味付けでいいものです。

鉄火巻

100円+税

他の(高めな)寿司を食べすぎたせいで、値段が高くなってしまったけど、でもまだ腹が減っている。

もうちょいと寿司食べたいなー、という時におすすめな一皿です。

まぐろもしっかりと入っているわけで、満足できるのです。

 

揚げ物

スシローの魅力の一つに、揚げ物などサイドメニューが豊富ということが挙げられると思います。

寿司目当てでなくスシローに来ても、色々あるから安心なわけですな。

フライドポテト

100円+税

まあ、スシローのポテトが有名なことは言うまでもありませんな。

女子高生の間で、ハンバーガー屋でもなく回転寿司屋に行って、ポテトを食べておしゃべりするのが流行るくらいにお手頃で美味しいというわけです。スシローにポテトを食べに行くことを「ポテロー」というくらいになったものです。

お台場に期間限定でポテト専門のポテローができていたことも記憶に新しいものです。

なんこつ唐揚げ

100円+税

ええ、一時なくなっていましたが、また復活していてこれは非常に嬉しい!

だって、飲み屋まで行かなくてもなんこつ唐揚げを食べられるわけですよ。これを昼に食べられるっていうことも嬉しいし、この味を100円で手軽に食べられるっていうことも嬉しいですよね。

お寿司の合間に美味しいとかではなく、軟骨を昼にこの値段で食べられるということから、もう、これ目当てに行ってもいいくらいですよね。

 

ラーメン

やはり、全般的にダシがしっかりしているような感じですな。

魚の風味が効いていてええですわあ。

えび味噌ラーメン

380円+税くらいだったと思います。

ねぎがとにかくすごかったです。

ええ、えびと味噌の味もよく、麺によくあっていましたが、とにかくねぎがすごかったです。

ねぎの辛みと旨みを堪能しつつ、辛味噌を混ぜて、そして麺を一気にかけこむ食らい方が良い感じでした。

濃厚えび味噌ラーメン

まったく値段覚えてないですな。期間限定だったようで、メニューにも今は掲載されていませんでした。

しかし、寿司屋でこのクオリティのラーメンが食べられるのだという感動をした記憶は強く残っています。えびの味がよくて、むしろさすが寿司屋のラーメンだとも思って気もします。

こちらも適度にねぎが入っていて、全体としての調和が良い感じでしたな。

 

うどん

なんとなくお腹が痛い時、魚も心配、かといって揚げ物もそんなに食べられない。

という時には、あっさりとしたうどんがおすすめですね。

えび天うどん

280円+税

ああ、なつかしい味でした。おつゆに浸って、エビ天のころもがぼろぼろに剥がれ落ちるところもなつかしくてよかったです。

やべえ、エビ天つかむところもとれちゃうじゃん。早く食わないと、あれ、ころもやわらかっ、ってかエビ自体はあつっ、ひええ、前歯がやけどしたかなあ、とりあえずうどんうどん、はあ、スープをゆっくり、すー、しみこむなあ。

という一連の感じが好きです。でまた、この手のおつゆはだしの感じが落ち着くのですな。

かき揚げうどん

280円+税

エビ天のうどんと違ってまた良いのがこのかき揚げうどんですよ。ごついしっかりとしたかき揚げ。

汁を吸っても崩れることなく、そのどっしりとした形を保っているかっこよさ。ああ、それでいて食べてみれば周囲がじゃっかん汁を吸い、また味を変えて僕を迎え入れてくれる。ん?ここ寿司屋じゃん。ああ、なつかしい、寿司屋でこの感動を思い出せるとは。

と、うどんを味わえるわけです。寿司屋でこういう感覚を味わえるのだから、通ったって飽きないというわけですなあ、んー、嬉しい。

 

手巻き系

ここ最近、色んな回転寿司屋で出てきているのが、この手巻き系。

手軽に手負けていいですね。

紅鮭のすじこ醤油漬け

100円+税

最近はこの手の手巻きが流行っているのですかね?

これ、いいんですよ。具がこぼれんばかりにのっていて、ネタの味を楽しめるわけです。ノリが大きくてネタの味が薄れるというのならば、ネタとシャリをある程度楽しんでから豪勢にノリで包んで食べてもいいわけですし、食べ方は何通りもあるわけですな。

ああ、すじこの海鮮の味がしっかりとしていて、思い出すだけでも食べたくて仕方ありませんな。

うに

100円+税

あらら、うにまで出てきちゃいましたねえ。

この味を食えるのですから、さすがのスシローですよ。

個人的には、軍艦よりもうにを味わえた気がします。

うなぎとろろ

100円+税

いやあ、手巻きのシリーズでありますが、うなぎもあるわけです。それもとろろをつけて。

これはネタだけで楽しむのよりも、いきなり一口でいっちゃうのをおすすめします。もう全体の調和を楽しむ系統ですね。

うなぎ特有の味、とろろとの濃厚さの累乗、そしてさっぱりしたノリで一気に。ふぅーん、美味しい。

 

ホント色んな種類がありますよね。

↑こんなんもありましたが、写真に収めて何食べたかまったく覚えていないので、こちらに飾るのみでございます。

 

すしドッグ

100円+税

いや、こんなんもあるんかい!

ええ、最初の驚きのツッコミは今でもよく覚えています。だって、こんな形状の一皿を今までまるで見たことありませんでしたからね。

もう、普通にノリと酢飯とソーセージっていう感じでしたよ。全体としての調和がどうなのかは分かりませんでしたが、この組み合わせ、寿司屋で食っているということが面白くて定期的に食べてしまいます。

 

【特集】新年大切り!大盛り!てんこ盛り!フェア

CMを見て思いました。

今、スシローに行かねばいついくのだ?

大盛りの期間限定フェア、良いネタをたくさん食える!我らがスシローさんは赤字覚悟でいいネタを提供してくれるのではないか?

 

行って正解ですよ。

どれもこれも期間限定メニューは正解です。

是非、このフェアにスシロー行っとくことをお勧めします。

 

爆盛りびん長まぐろ

100円+税

いや、なんでこんなにまぐろを重ねちゃうのよっていう悲鳴ですよね。ええ、もちろん、嬉しい悲鳴です。

おまけに上にはなかおちまで乗っかっちゃって、まぐろをこんなに楽しめることってある!?って感じですわな。

これをひたすら食って、まぐろに飽きるまで食い続けるのは、経済的にはいいことかもしれませんな。

大切りサーモン

100円+税

マジで大切りです。見て分かるでしょうか、この大きさと厚切り。

サーモンを食しているということを実感できます。サーモンの食感、脂身、味、全てを理解できます。

是非!お得!

ダブル赤えび

100円+税

1貫で100円だったり、2貫で150円だったり200円だったりする赤えびを2つ食べられてしまうのです!

これはもうお得。ぷりぷりがいい感じで、えびの良さが全面に出ていますわな。

実際に、1貫100円でもいいくらいな味で、これはおすすめです。

ダブルのっけえび

100円+税

上の赤えびもおすすめなんですが、今回の期間限定メニューで私が一番おすすめしたいのはこちら。

だって、普通にえびの寿司を食ったうえで、更に甘えび食えるわけですよ。

別々に食べてもいいし、一緒に食べてそれぞれのえびの食感を楽しむのもいいし、何通りもの食べ方が存在しそうなえび好きには本当にたまらない一皿です。

どか盛りほたて

180円+税

ほたてがまたいくつも食えるわけですよ。で、いくらの味も楽しめるわけですな。

ほたての寿司を二つ、いくらの寿司を一つと考えただけでも、コスパが良いことは明確ですが、味がまた特別美味しく感じますな。

ほたてのぷりぷり感も求めている時には最適な一品です。

盛り盛りつぶ貝

180円+税

これがまたコスパのいい一品ですなあ。

こーりこりこりして、貝を楽しめるわけですよ。言わずもがなですが、酢飯シャリのほわほわ感と上手くマッチして満足。

魚介を楽しみたい気分の時にはもってこいですな。

どっさりローストビーフ

180円+税

ああ、ローストビーフ丼美味しそうだなあ。ローストビーフ食いたくなったなあ。でも、近くにはローストビーフ丼の店もないし、わざわざその一杯を求めていくほどでもないんだよなあ。

という時には、これで決まり!

名前の通り、ローストビーフもどっさりとのっかって、これ一皿で寿司というよりはローストビーフ欲を抑えられます。

どでかアジフライ

100円+税

見てくださいよ、このマジなでかさを。

どう見たって、どでかであり、一つ食べれば今日の分の脂物欲はあっという間に満たせます。

一口かじってからシャリと比較します。

ですよねえ。ホントどう比較しても巨大なことが分かり、実にお得な一品です。

大切り豚とろチャーシュー

100円+税

まさに豚とろ!豚とろの脂の旨みが味わえます。

一貫でも納得の満足感です。

豚肉の旨み、絶妙なシャリとの組み合わせ、そしてさっぱりとネギ。これは最高。

 

スシローのご紹介

さてさて、ここでスシローとしてのご紹介をさせていただきます。

 

経営している会社は、株式会社あきんどスシローです。

本社は大阪府吹田市にあり、近畿・中部・関東地方を中心にお店があります。

 

かつては、大阪回転寿司・あきんどというブランドも展開していたそうです。

しかし、2009年6月頃までに、全店舗スシローという名に統一されていったようです。

 

長らくかっぱ寿司が回転寿司業界の首位を独占していたけれど、2010年代にはスシローが首位を達成するまでにもなりました。

群雄割拠の回転寿司屋、こうなってくると、わくわくして腹が減ってきますなあ。

どの回転寿司屋も食べ尽くさないといけない気持ちになってきます。

 

予約はスシローアプリ

さてさて、これだけ人気になったスシローですが、やはり困るのは人気過ぎて混んでいること。

楽しみに行った回転寿司屋スシローで、長時間も待たされてはテンションが下がってしまいます。

 

家族で行って待合室で待ちぼうけ、仕事の合間の昼食時間に行っても混み過ぎて席に着いた時には時間も終わり、単独乗り込んでも座ることもできずに呆然、ああ、困った話です。

そういう時には、

スシロー予約アプリです。

 

こちら、おすすめです。

もちろん、私も使っています。

予約していけば、店に到着してチェックイン処理をし次第、優先的に席に案内してもらえます。

混雑時にもすいすいーとすぐに席に着くことができます。

嬉しい!

 

また、メニューも見られるために、今日のスシローでの食い尽くし予定を立てることもできます。

お知らせや期間限定メニューも分かるので、事前に作戦が立てられウキウキしてきます。

 

そして、ヘビーユーザーにはありがたいポイントをためることができます。

ポイントがたまれば、50円引きだったり、150円引きだったり、安くしてもらうことができます。

ああ、寿司をたくさん食べて、ポイントが上がって更に寿司を食べられる。これだけの快楽を享受してもよいのでしょうか。

すしったらし、とは私のことですな、ぬはは。

 

三文ぼやき

やはり、良いですなあ。

スシローは回転寿司屋の中でもネタが良いとよく言われています。

たしかにそんな感じで、どれも単発のネタで満足できますな。

 

私としては、なんこつ唐揚げやかぼちゃの天ぷらなど他の回転寿司屋とはちょっと違ったサイドメニューを食べられることも推しています。

そして、なんといっても

期間限定メニュー、これが旨い!

期間限定で区切るだけあって、今が旬の味のネタを決して100円回転寿司屋の中では激安でもない値段で十分に堪能できるところが好きです。980円の一皿ではお腹いっぱいにならないこともあるのですが、たまのご褒美としては十分すぎるネタの良さです。味としての満足感でこれ一つでいい気分です。

なんだったら、980円の寿司一皿に、味噌汁や茶碗蒸しなどをつけてみて、豪勢なお寿司セットを楽しむのも手です。

 

ああ、色々と言ってたら、

寿司を食べたくなってきてしまいましたよ!

 


 

↓くら寿司。

↓はま寿司。

↓寿司。



読者登録お願いします

ついに35人の目標すらゆうに超えました…感謝。
ここまで来たらやはり次は50人! まだ頑張ります。


三文 享楽プロフィール

genimg▼この記事を書いた人
当ブログのライター、三文 享楽。小説の連載と、一部記事の執筆を担当。
抜本的少子化対策』の著者であり、自主映画『抜本-BAPPON-』の主演であり、元芸人。
毎月1本、小説を公開している。ぷー

三文享楽って誰やねん??
三文こんなことやってきたで


この記事が気に入ったら
いいね!で最新記事をチェック

新着記事を配信中

Twitterで回転オトエフミを

Push7で更新通知を受け取る


ついでにこのブログで配信している…



シェアする

-三文 享楽, 寿司   


おすすめ記事

1
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

2
グルメチェーン店レビュー超まとめ!【寿司、とんかつ、ラーメン…】

腹減ってますか? 減ってない方、これから減りますよ。私は減りました。 &nbsp ...

3
自主制作映画の作り方&体験談総まとめ!【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の中二病的な画像は、私が撮っている自主映画のワンシーンです。低予算、少人数でプ ...