小説連載中

グルメ 三文 享楽

回転寿司”はま寿司”の絶対お勧めメニュー10選!期間限定特選&サイドメニューも紹介!【三文】

2017/03/18

ポケモンスタジアム2で、ベロリンガが寿司を食べるゲームがあります。

 

そのゲームだけ異常に何回もやっていました。 なんでかって? そりゃ、ベロリンガよりも、ポケモンスタジアム2よりも、

寿司そのものが大好きだったからです。

 

どうも、寿司の狩人、はたまた元N64廃人こと、三文享楽です。回転オトエフミのゲストライターとして猛威を振るおうとしているのでございます。

スポンサーリンク

パッと読むための目次

はま寿司(100円回転寿司)おすすめ三文メニュー10【グランドメニュー】

はい、この記事では一体何を書くかとね、そういう話です。記事のタイトルを見ればわかる話ではございますがせっかくなので説明しようではありませんか。そう、はま寿司のお勧めメニューを紹介する記事なわけですな。

ええ、寿司だけではございません。ラーメンやらの特選メニューなんかもこれまた100円回転ずしの醍醐味なわけですわな。前半はおすすめメニュー、後半は特選メニューの紹介という調子で進みます。

てなわけで、ポテトフライやらたこ焼きなんかも交えつつ、たっぷりと紹介していきますよ。

 

では早速。

 

わさびえんがわ

IMG_1395

(税抜100円・平日は90円)

えんがわが大好きなんです。

そして、こちら、軍艦になっておりまして、刻まれたわさびも入っております。 これがまた絶妙。おそらく刺身にならなかった形の悪い部分の詰め合わせなわけですが、えんがわ特有の味が凝縮されて美味です。

なんでしょうね。見た目はイカや白身魚に似ていますが、まるで違うジューシーさ。この独特な味にひかれるものも多いでしょう。

 

焼とろサーモン

IMG_1398

(税抜100円・平日は90円)

サーモン好きにはたまらない一品。

サーモン好きならば、油もの好きなはずです。火でぐっと旨味を閉じ込められたのだから、こりゃ旨いわけです。

 

えび天寿司

IMG_1400

(税抜100円・平日は90円)

海老の天ぷらを食えること自体が嬉しくありませんか?

スーパーの海老天だってころもがすんげえついたでかめので100円じゃ買えないとこもあると思います。 そんな海老天、多少小さくなってもころもも少なくなっています。 それがお寿司になって食べられるのだから言うことなし!

 

かに味噌軍艦

IMG_1394

(税抜100円・平日は90円)

これまたそう気軽には食べられないもの。

かに味噌の旨味、大人の味ですよねえ。

この苦味が100円のお手頃価格で食べられるのだからありがたいことです。 もちろん、高級店のかに味噌との違いはありますが、平日のお昼にお手頃価格で少しでも贅沢できるのだから嬉しいことですね。

 

日本近海産生しらす軍艦

IMG_1399

(税抜100円・平日は90円)

釜茹でされてないしらすってなんか高価そうですよね。

それが同じ値段でたべられるのだから、ありがたい。 食べた時に出てくるしらすのジューシーさが生ならではです。

生のしらすを食べたければこちらから。

 

↑寿司が好きすぎてどうしようもない方。これで遊んで、せめて脳を満足させてあげてください。

いくら

IMG_1392

(税抜100円・平日は90円)

いくらもまたこの値段で食べられることが嬉しいとこ。

口に入れたら広がる海鮮の味。 海辺で食べるほどの新鮮さでないのは分かりますが、十分に美味しいです。 気分をいくらで満たしたいなら、変に場所をとってるきゅうりをひっぺがして先に食べるのがいいでしょう。なるべく、いくらはいくらだけで、シャリと組み合わせたいですね。

 

まぐろユッケ

IMG_1401

(税抜100円・平日は90円)

ただでさえ美味しいまぐろにコクのある黄身がついているのだから、満足すること間違いなし。

こってりと満足しますなあ。

 

軟骨の唐揚げ

IMG_1396

(税抜200円)

スシローほどの安さではありませんが、飲み屋の500円と比べれば、それの半分以下、200円で食べられるのだから嬉しいですよね。

 

カリカリポテト

IMG_1402

(税抜150円 )

軟骨の唐揚げほどではありませんが、やはり飲み屋と比べてお得なこちら。

寿司を少し食って、あとはポテトをむしゃむしゃ、むしゃむしゃ。ポテローが流行るのもやはり分かるわけです。フツーに回転寿司のポテト旨いですよね。

寿司がハンバーガーより油っぽくないだけに、ずっと食えるわけですな。

 

海鮮茶碗蒸し

IMG_1393

(税抜250円)

茶碗蒸しうめえー!

しかも寿司屋で食う茶碗蒸しってなんかうめえんですよね。海鮮の出汁が効いてもう深みある味。

てか、茶碗蒸しってあんま家で食えるものでもないですしね。 旅館に行かなくても、高級寿司屋に行かなくても、食べられる海鮮茶碗蒸し。素晴らしいです。

実は昔茶碗蒸し嫌いだった…そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かくいう私もその一人。でもある時に茶碗蒸しの美味しさに気づいて以来、もう病みつきになってしまいました。大人になって茶碗蒸しの美味しさに気づいた方、まずははま寿司に通うことをお勧めします。

 

 

特選メニューレビュー

ここからは特選メニューのご紹介。期間限定を含む、お勧めの特選メニューたちでございます。

通常メニューだけじゃ物足りない方は、どうぞこちらの世界へ。

ラーメン

北海道白味噌ラーメン(期間限定)

(税抜き350円)

見てください、この完璧な味噌ラーメン具合を。

寿司屋で魚の他に、ラーメンが食べたくなることってありますよね?それも魚介ラーメンでなくこってりとした味噌。

それをはま寿司はかなえてくれたわけです。

もちろん、しっかりした味で味噌ラーメンの深みが出ています。

コク旨煮干しラーメン(期間限定・冬のあったか味自慢)

(税抜き350円)

これまた、染み入りましたわ。うどんしかり、ダシのしっかりとした汁物を飲めば、もう染み入るわけですよ。

玉ねぎ、半熟玉子が安心感をもたらし、そしてダシの効いたスープにコク旨を感じられるわけですな。

はま寿司にしては、350円などだいぶ高価なものですが、3皿半分に匹敵するような味の深みはありますね。

これぞ、はま寿司ラーメン!

うどん

鶏天うどん(期間限定・冬のあったか味自慢)

(税抜き250円)

染み入りましたわ。この冬のあったかシリーズ、染み入るメニューばかりですわな。

うどん屋でも、かしわ天なんてあればテンションの上がるもの。それがお寿司屋でほっこりとしながら食べられるのですから幸せですな。

えびの天ぷらうどん(たぶん期間限定)

(税抜き250円)

寿司屋のうどんといえば、あっさりとして出汁の効いた旨いものです。

そちらに、10選でも登場しましたえび天が入ってしまうわけです。

えび天が2本も入って、しっかりとしたうどんなんだから、お得ですよね。

あおさとあさりのうどん(たぶん期間限定)

(税抜き250円)

またしても、うどん!

そして更にさっぱりとしました。

寿司屋らしいあさりの味。そして、寿司屋らしいあおさの味、磯の香り。

ふう、サイコー!

あっさりとした寿司屋らしいうどんをお手頃価格のうどんを食べたいのならば、はま寿司しかないでしょうな。

お寿司、揚げ物さんたち

天然赤えび(いくら盛り)(期間限定)

(税抜き150円)

普通のお寿司の3倍の価格設定だけあって、さすがのお味。

えびのぷりぷり感に、いくらの海の味がマッチしてサイコーです。

生えびというだけでも美味しいですが、こちらはサイズも大きく、この味ならお手頃価格ですな。

大とろたたき軍艦(期間限定)

(税抜き150円)

ええ、大とろですよ。食べたら分かる、その旨さ。

たたきになった軍艦だからこそ、この味を二つで150円で食べられるのでしょうな。

いかおくら

(税抜き100円)

こういう融合商品があるからこそ、いいんですわな。

頑固な大将がやっているやっているお店じゃ、こういう柔軟なメニューもなかなか食べられんものですわ。

とろろまぐろ

(税抜き100円)

ほら、こういうの。

だって、鉄火丼になりそうなメニューじゃないですか。これを軍艦一つで味わえるのだから、工夫の賜物ですわな。

当然に、まぐろととろろの組み合わせが絶妙にマッチするわけですよ。

たらマヨ

(税抜き100円)

たらことマヨネーズ。

それこそ、こういうの昔のお寿司屋さんじゃ、出せないですよね。

家でご飯茶碗でやるものじゃないですか。さっきのと同じく、これを一つのお寿司で実現できているのだから、素晴らしいものです。

かんぶり

(税抜き100円)

脂がこんなにのって、一口食べただけでもこってりと満足のいく一皿です。

時期によってだとは思いますが、冬にこの商品が出てきたならば、食べるしかないっす!

チーズカリカリポテト

(税抜き200円)

10選でご紹介したカリカリポテトに、+50円でチーズが乗ったもの。

フライドポテトにチーズが乗りました。

ええ、お分かりでしょう。大変に満足するということです。

ちょっと奮発してでも油っぽい満足を求めるならば、食べてみてください。

 

↓他の100円回転寿司についても知りたい↓100円回転寿司の比較を知りたい↓

旨だしたこ焼き(5個入り)(たぶん期間限定)

(税抜き200円)

遂に、たこ焼きまで売っているんですよ!

それも旨い。旨だしというだけあって、味としては十分。

某たこ焼き専門店に並ぶのもいいですが、ちょっとした気分でたこ焼きを食べたいならこちらで十分。

この値段でこれを食べられるなら満足するでしょう。

マグロの唐揚げ

(税抜き150円)

いやはや、寿司屋だからこその揚げ物メニュー。

揚げ物食べて落ち着きたいのなら、寿司屋なんですからまずはこれですかね。

唐揚げ軍艦

(税抜き100円)

そうはいっても、まずはこれですわな、唐揚げ。

寿司屋だろうと、鶏肉があるというのならば、それを食ってなんぼでございますな。

魚ではないものを乗せて、回転寿司屋に流してしまう原点ですな。

チーズハンバーグ

(税抜き100円)

こちらだって負けてませんなあ。

酢飯の上に、肉がのって、チーズまで溶かされているのですから、これはもう食べるしかない。

いか天(ガーリック)

(税抜き100円)

もう揚げ物、それもイカ天、そして満足感あるタレがかかっちゃっているのだから、これはもういくしかない。

いや、ホントこれ一つ食べればすごく満足しますよ。

自分の家で100円でこれを作ろうとしたって、なかなかできるものではありません。

紅鮭すじこ握り(たぶん期間限定)

(税抜き100円)

こちらは一貫で100円です。

ええ、あの海鮮らしさが凝縮された味のすじこがどどんと乗っちゃいました。

これまた、一貫で満足のお寿司。正直二皿分くらいの満足があるでしょう。

一皿で海鮮らしさを味わいたいなら、これで決まり。

炙りぶりトロ(たぶん期間限定)

(税抜き100円)

こちらは、いや、こちらも一貫で100円です。

期間限定ものの一貫はやはり豪華めで美味しいものが多いです。

ぶりトロの脂っこさがしっかりと詰まっていました。

炙りしめさば

(税抜き100円)

同じく炙られることで、さばの油的な旨さがしっかりと凝縮されたお寿司です。

あぶらののった魚は炙られてこそ、濃縮された旨みを感じられると実感できるものです。

炙りうなぎ(たぶん期間限定)

(税抜き150円)

そりゃもうね、うなぎですから。

150円にランクアップしていても文句は言えません。そんでもって、美味しいのですからもちろん文句なんていえませんよ。

当然うなぎ屋さんの本格仕様とは異なりますよ。それでも、ちょっとした一時にこの味を楽しめるのだからありがたいことですよね。

桜えび軍艦

(税抜き150円)

えび好きにはたまらないですよ。

150円でも安いと思えるくらい桜えびがしっかりと入っていてお得でした。

のどぐろの天ぷら握り

(税抜き100円)

滅多に食べられるものではありませんよね。そもそも、のどぐろ自体そんなに食べるものではありませんから、これを天ぷらで食べられるのだから嬉しいものです。

炙りさんま

(税抜き100円)

そして、これまた旨い!一品!

あの秋の味覚を冬に食べられた嬉しさ。それも炙ってあることで、さんまの脂身の旨みがよく出ています。

レモンもついてサッパリ。これは美味しい。

とろびんちょう

(税抜き100円)

こういう脂ののった寿司を食べてこそ、100円寿司の良さを実感できます。

脂ののったマグロさいこーですわ。

 

中とろわさびのせ(期間限定 中とろ祭り)

(税抜き100円)

こちらも一貫で100円です。

中とろ祭り

もう、これだけで嬉しい響きではないですか。定期的にフェアをやっていて、その都度行ってますよ。

もちろん、上には上がありますが、100円でこれを食べられれば満足の一品。

宮城県産天然炙り本まぐろ(期間限定 中とろ祭り)

(税抜き150円)

金のお皿ですよお。しかし、それ相応のお味。

本まぐろを贅沢にも炙っちゃっているのですから、しっかり旨みが凝縮されてますなあ。

見た目ローストビーフで肉っぽいのかなと思えますが、いえいえ、しっかりと魚の触感があり、旨みが詰まっています。

おすすめ商品(おそらく期間限定 おそらく中とろ祭り)

(税抜き100円)

おすすめ商品で流れてきましたよ。

ここの店舗のオリジナルということなんでしょうか。探してみても、なんだかわかりません。と思って食べてみると、ほんのりガーリックな味。

ええ、たぶん、炭焼きまぐろガーリックの切れ端の軍艦でした。

こういうメニューにないのも、回転寿司って流れてくることあるの、良いですよね。

うにクリームコロッケ(期間限定・冬のあったか味自慢)

(税抜き200円)

ああ、うにの旨みですよ。

別に冬のあったかシリーズで出てこなくてもいいです。普通に美味しいです。

うにの味がしっかりと効いた揚げ物が食べられるのだから贅沢なものです。一口かじればクリームが飛び散るほどで、クリームコロッケの醍醐味を出しながらも、うに風味を食べられる贅沢な一品でしたな。

甘えびのから揚げ

(税抜き150円)

うーん。これはお得!

えび好きにとって、これはたまらない。しっかりとした甘えびがから揚げとなっているのですから、食べごくもありホントにお得。

茶碗蒸し

ふかひれあんの茶碗蒸し(期間限定・冬のあったか味自慢)

(税抜き250円)

ええ、ふかひれが乗っちゃっているんですよ。それはもう豪華なわけです。

まずはふかひれが大量にのりまして、しいたけ、ねぎ、はるさめ、タケノコがどっさりと入っております。その他には、エビ、鶏肉、ぎんなんが入ってまして、それはもう豪華な一品でございましたな。

一杯で色々と味わえる満足する一品でございました。

真鯛とたけのこの茶碗蒸し

(税抜き250円)

鶏肉が入って、いくらものっていて嬉しい。

しいたけもたくさんあったが、私にとってこれはいらない。

この一杯全体を考えて、とてもお得なメニューでした。

味噌汁

あおさの味噌汁

(税抜き100円)

いやね、もうこういうことなんですよ。

お寿司、ひいては和食といえば、お味噌汁。それが100円回転寿司だろうと、食べられるわけですな。

それがまた、磯の香り高いあおさなんですから、満足すること間違いなしですわな。

ドリンク

コーヒー砂糖ミルクつき

(税抜き150円)

正直、これからは寿司屋のコーヒーだと思いますよ。

ゆっくりできるカフェのコーヒーから、コンビニのてっとり早いコーヒーが流行りましたよ。

そしてもって、時代は進化と逆進化を融合したような新しい時代、朝寿司になるわけです。

朝のちょっとした時間に100円回転寿司ですな。そうすれば、仕事場にちょっともっていくお持ち帰りコーヒーが大流行するわけですな。

デザート

いつの間に、はま寿司ってこんなにもデザートメニューが豊富になったのでしょうか。

ちょっと見るだけでも、多様な甘いものがありまして、目移りしてしまうほど。お寿司や揚げ物をとって満足した後に、ちょっとしたこんな甘いものはいかがでしょうか

はまアイス

抹茶100円

ええ、そうです。アイスが登場したのです。

バニラ、チョコレート、抹茶 各種100円

いやあ、寿司屋でカップのアイスが食えるんですよ。普段、甘いものはそうそう食べない三文ではありますが、寿司屋でアイス!?の興奮のあまりについつい食べてしまいました。普通に普段食べるアイスの美味しさでしたね。

ちなみに、私が頼んだ時には、デザートということもあり、店を出る間際でした。

レーンに流れてくるということもあってか、めちゃくちゃ固いキンキンに凍った状態で流れてきました。プラスチックのスプーンが割れるんじゃないかってくらい固かったです。

ということで、店を出る時間を逆算して、ちょうどいい溶け具合でアイスを食べられるように調整して頼んだ方がいいかもしれませんね。もっとも、店舗によって凍らせ具合もマチマチだとは思いますが。

ショートケーキ

米と魚の店、寿司屋でフォークを使って食べるケーキがあるのです。もうそれだけで興奮しますよね。

チョコレートケーキです。まだ食べていませんが、2017年の3月にはこのような無料券が配られているほどです。

 

苺のショートケーキというものも存在します。もう何種類もあるのです。ケーキ屋です。

それほど甘いものを食べない私にとっては、もう十分すぎます。

その他デザート

まだまだ種類が存在するのです。

三色だんご

こちらもまだ食べてはいないのですが、無料券が同時期に配布されていた三色だんごです。

ええ、寿司屋でだんごが食べられるのです。これは嬉しい。だんごを買いに行くこと自体が私にはほとんどないので、寿司屋に寄ったついでに久々にだんごが食べられるというのはお得なことです。

大福

こちらもまだ食べてはいませんが、苺大福というものまで登場しています。

大福まできているとは…だんごといい、大福といい、単なる甘いのものにとどまりませんな。

醤油

ちなみに、はま寿司の良いところ、それは

たくさんの醤油が置いてあることです。

それぞれの寿司に合わせた醤油を使って、美味しく食べられます。

言い方は悪いかもしれませんが、高価な寿司だと醤油をつけなくても味だけで満足できます。100円寿司なら、とにかくたくさん食べられるわけでこうした醤油の違いを楽しむのも良いものですね。

 

はま寿司、いいですなあ

さてさて、はま寿司おすすめメニュー10選と特選メニューご紹介、あっという間に終わってしまいました。そして、特選メニュー紹介をしたくてしたくて、し過ぎてしまいました。

やはり、寿司ってたまらねえですね。

数年前に、乗り気でない紅葉葉くん(ブログ管理人)をムリヤリ寿司屋に連れていき、私一人満足して「よし行こう」と言ったら、とてもユニークな顔をされたのを思い出しました。もしかしたら、怒っていたのかもしれません。

 

寿司大好き三文。おすすめ20だとしても、おそらくすぐにできちゃうと思います。

まあ、そんなにあったら、「どれをおすすめしてるねん!」みたくなってしまうので、ひとまずこのへんで。


 

↓冒頭のベロリンガが気になったから、読んでみたんや!ポケモンの記事を読ませろ!

↓回転すし比較の記事を読ませろ!


この記事が気に入ったら
いいね!で最新記事をチェック

新着記事を配信中

Twitterで回転オトエフミを



三文 享楽プロフィール

genimg ▼この記事を書いた人
当ブログのライター、三文 享楽。小説の連載と、一部記事の執筆を担当。 『抜本的少子化対策』の著者であり、自主映画『抜本-BAPPON-』の主演であり、元芸人。ぷー

「三文享楽って誰やねん??」

関連記事


おすすめ記事

1
【マリオ雑学】スーパーマリオUSAはなぜUSA?→夢工場ドキドキパニックが元だった

知らない人はいない赤帽子、それはマリオ。緑帽子ならゼルダですね。 そんなマリオは ...

2
ドラクエ5パパスの「ぬわーーっっ!!」がリメイク版でしれっと激しくなってた件を徹底考察

「ぬわー」 これを聞けば全日本人の70%は一瞬でなんのことかわかるだろう。 &n ...

3
自主制作映画の作り方!役立つ記事総まとめ【無料素材・編集ソフト・ロケ地…】

上の画像は、”本で空を飛ぶヒーロー”の写真です。なんだそりゃ、と思うでしょう。は ...